CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.214「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」へ向けてどうやって打ち合わせしているかというと
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。

●ベートーヴェン:ソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ)

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲第1番 イ長調 Op.87-1(2Fl)

*4枚ともスマホでの画像
打ち合わせ

昨日のことです。

私は練習を始めていましたが、、、打ち合わせはちゃんと終えていませんでした。。。とにかく次回のソロイスツは大変、2本のフルートでシンフォニーを演奏するようなものだからです。楽譜を見た翔子、

「う〜む」

ガンバ!

打ち合わせ

「う〜むむむむむ」
と言うことで、和やかに打ち合わせ完了です\(^O^)/。

青空

今日はぽかぽか良い天気、まるで春のようです。
空も穏やかでしょう?

夕陽

日が長くなったとは言っても、まだまだ日が短い2月です。



 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖・ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像


たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。


●ベートーヴェン:2本のフルートの為のソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲 イ長調 Op.87-1(2Fl)


Do213-215

↑ クリック下さい ↑

 
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:写真
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.214「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その1
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。

●ベートーヴェン:ソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ)

  −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲第1番 イ長調 Op.87-1(2Fl)

ベートーヴェンOp.2-3楽譜

次回ソロイスツの公演は3月24日(金)なのでまだちょっと先。しかし、たった2本のフルートで演奏時間30分の大曲、それもテクニカルなので今のうちからゆっくり丁寧に練習しているワケなのです。ベートーヴェンのデュオは原曲がピアノソナタで、もの凄く速いオクターブのパッセージや分散和音がたくさん出てきます。分散和音はまだ良いのですが、オクターブの速いパッセージには苦しめられそうです。ご覧のようなオクターブのノンレガートが、1拍160くらいの速さで演奏されるという無理難題、フルートにとって苦手なパターンです。

ベートーヴェンOp.2-3楽譜

それも、こんな最低音域まで上からのオクターブは超難関です。
闘志が湧くなあ!!


 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖・ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像


次回ソロイスツは2本のフルートで、つまり、たった2つの音で1曲30分を超える大作に挑みます。その表現力や音の広がりに注目下さい!

●ベートーヴェン:2本のフルートの為のソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲 イ長調 Op.87-1(2Fl)


Do213-215

↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] ソロイスツVol.213「ザ・トリオIII」演奏会後記
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
<ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

本日公演ソロイスツVol.213はお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集でした。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお楽しみ頂きました。そのご報告です。


<本日のゲネプロ>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

今日は珍しくマチネー、時間に少しだけ余裕があるのと、プログラムの構成が分かりやすくいつもよりちょっとだけ余裕のある3人です。とは言っても前半のケクランがとても難しく一番時間を割きました。さあ、本番行きますよーーー!


<本日の前半>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

前半はいつものように全員でお話しです。それぞれの曲を演奏するに当たっての苦労話などなど。そんなコト思っていたの?ときう暴露もあって(;゜ロ゜)盛り上がりましたよ。

ソロイスツVol.213

前半はフランス音楽、1曲目はボワモルティエのトリオ。ピアノ(通奏低音)付きです。

ソロイスツVol.213

2曲目はケクランのトリオ、ピアノ無しです。小節線はかろうじてあるだけ、拍子はありません。その時々の音符が単位になります。拍子を書けばとても煩雑に変化する音楽です。


<本日の後半>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

後半は私がお話しを。フランス音楽とドイツ音楽の違いなど。

ソロイスツVol.213

1曲目はピアノ無しのカルク=エラート、美しすぎる室内楽です。

ソロイスツVol.213

そして最後は華やかにテレマンです。


● ボワモルティエ:Joseph Bodin de Boismortier
(1689.12.23.フランス、テイオンヴィル〜1755.10.28.ロワシー・アンメブリ(パリの東)[66歳])
−3Fl又はVlnと通奏低音のための6つのソナタ Op.34より、第1番 ト短調
(1731年パリで出版[42歳]、3Fl+Pf)
I.Adagio 4/4 II.Presto 2/4 III.Adagio 4/4 IV.Allegro 3/8

音楽史上初めて貴族などの庇護を持たない音楽家です。つまり、パトロン無しに自分の音楽を出版し収入を得て生活が成り立っていたという珍しくも逞しい音楽家なのですね。作風はフランス・バロックらしく流麗で美しい。楽譜上はとてもシンプルなのですが、音を重ねていくと(ちょっと大袈裟に言えば)想像しなかった音楽が流れてくる、そんな作品です。音符は易しいのでアマチュアでも十分楽しむことが出来るでしょう。


● ケクラン:Charles  Koechlin
(1867.11.27.フランス、パリ〜1950.12.31コート・ダジュールのレイヨール・キャナデル・シュール・メール[83歳])
−ディヴェルティスマン Op.90(91) (1921-1924年作曲[54-7歳]、2Fl+AFl)
I.とても静かに II.Allegro quasi Andante(sans lenteur) 4/4
III.終曲:十分にはっきりと Allegro

フランスの作曲家、理論家、評論家です。楽器はたしなむ程度だったとか。パリ音楽院でマスネやフォーレに学び、後に師のフォーレやラヴェルと共に活躍しました。自由な作風で、調性はあるもののそれをあまり感じさせず、拍子も厳密に言えばあるのですが楽譜上はありません。その場所その場所のめまぐるしく変わる音符が単位(=拍子)となります。お互いのパートを熟知していなければアンサンブルが成り立たない難しさがありますが、聞いていると変化に富んでとても面白いと感じる作品です。



−−−−−−−−− Tea Time −−−−−−−−−



● カルク=エラート:Sigfrid Karg-Elert
(1877.11.21.ドイツ、オーベンドルフ・アム・ネッカー〜1933.4.9.ライプツイヒ[55歳])
−三重奏 ニ短調 Op.49.No.1(1905年ライプツィヒで出版[28歳])
(原曲:Ob.Cla.Ehのための三重奏曲 ニ短調 Op.49.No.1、2Fl+AFl)
I.Intriduction : 静かに、重々しく 4/4
II.Double Fugue : 落ち着いて 3/8
III.Sarabande : 十分にゆっくりと 3/8
IV.Rigaudon and Musette : 活気を持って 2/2

名前の表記が「カルク=エラート」「カルク=エーレルト」「カーク=エラート」と定まらない作曲家です。我々笛吹きにはソナタ:アパッショナータが有名ですが、エラートの作風は攻撃的なアパッショナータよりも、このトリオのようにひたすら美しい響きを持つ作品が本来のような気がします。極めてゆったりとした、しかし流動的な音楽は、運指は簡単ですが音楽作りが極めて高度で難しく、何度でも再演したくなる作品です。とてもお勧め出来るアンサンブルです。


● テレマン:Georg Philipp Telemann
(1681.3.14.ドイツ、マクデブルク〜1767.6.25.ハンブルク[86歳])
−ターフェル・ムジーク第2集より、第4曲:四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1
(原曲:2Fl,Rec,BCC、1733年作曲[52歳]、3Fl+Pf)
I.Andante  4/4 II.Vivace 3/4 III.Largo 6/8 IV.Allegro 4/4

ドイツ後期バロックのスター、テレマンの代表作の一つです。3本のフルートのアンサンブルと言えば、まずこの四重奏がリストアップされるでしょう。オリジナルの編成だけでは無く本日のように3本のフルートでも、フルート、ヴァイオリン、オーボエでも、1つをファゴットでも素敵な金字塔的室内楽曲です。


アンコールは、ルロイ・アンダーソン:笛吹きの休日(トランペット吹きの休日)でした。


次回公演は、2017年3月24日(、7:00p.m.開演)公演「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」です。たった2本のフルートで30分を超える大作2曲に挑みます。どうぞお越し下さいますよう心よりお待ち申し上げます。



<本日のTea Timeなどなど>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

終演後、来て下さったお客さんと。

ソロイスツVol.213

こちらでは記念撮影も。
奏者と聴衆一体で楽しむコンサートです。


フルート・コミュニケーション Vol.213

明けましておめでとうございます

ソロイスツVol.213 本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年はホールの予約が思うに任せず、本日の公演を入れて5公演しか開催できずとても寂しく思っています。ここスペースDoは今や大人気ホールなんですね。少ない分別会場で新たな企画が出来ないかと作戦を練っています。いずれ近いうちにお知らせできると思いますが、今年も恐れずに新たなチャレンジを行っていきたいと思っています。

さて、昨年末は間際までばたばたしてしまい、例年通り大掃除も中途半端、レッスン室の楽譜を整理したのはソロイスツの練習初日である5日の早朝5時でした。今年もドタバタが続きそうです。嫌だなあ(笑)。

それでも、ちょっとだけですがお節を作りました。作ったと言っても酢蛸、数の子、海老の3品だけです。後はお刺身や黒豆などを買ってきて津軽塗りの盆に飾るだけ。海老は上手く出来ましたし、数の子の塩抜きと味付けも旨旨に出来ました。こちらは掃除と違って元旦からシアワセ気分、今年も旨旨追求は怠らないのは間違いなさそうです。美味しいものを食べていればシアワセですから、良しとしましょう!
(ま)


<本日の打ち上げ>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

分かりやすいプログラムでしたが、大変だった!もう、これを待っていたのよ、ビールビールビール!乾杯!!



 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖・ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツは2本のフルートで、つまり、たった2つの音で1曲30分を超える大作に挑みます。その表現力や音の広がりに注目下さい!

●ベートーヴェン:2本のフルートの為のソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲 イ長調 Op.87-1(2Fl)


Do213-215

↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] 明日公演、Vol.213「ザ・トリオIII」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その3
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
 <ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
    (未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl Pf) 
●ケクラン:ディヴェルティスマン Op.90(2Fl AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl Pf)

Probe213:3日目

いよいよ明日に迫ったソロイスツVol.213の公演です。今回の練習日程はいつもと違い短期集中、やはり練習はするだけの違いが出てきますね。音楽的には出来上がっていて、細かいアンサンブルや表情の確認、特にフレージングの確認は徹底して行います。ビシッとアンサンブルが決まると音楽もより一層輝いてきますね。

練習お疲れ様でした。
ということで、、、

<本日の賄い>

Probe213:3日目

昨日作っておいた玉こんにゃくを。
ほかほかご飯と一緒に旨旨です\(^O^)/

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
<ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl Pf) 
●ケクラン:ディヴェルティスマン Op.90(2Fl AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl Pf)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑



・・・・・・・・・・


 
 
【LIVEのお知らせ♪(1/17)】


フルートとピアノで愉しむ クラシックとブラジル音楽の夕べ

【日 時】2017年1月17日(火) 19:30開演(18:30開店)
【会 場】吉祥寺:Strings (武蔵野市吉祥寺本町2-12-13-B1F)
【料 金】¥3,000(+ご飲食代)
【出 演】
・1st set (クラシック):上坂 学(Fl.)、近藤 盟子(Pf.)
・2nd set (ブラジル音楽):今井 亮太郎(Pf.)、 川満 直哉(Fl.)
※入替制ではありません。どちらもお楽しみいただけます。


<以下Facebookのイベントページより転載>

クラシックのフルート奏者でありながらポピュラー音楽にもオープンマインドで接してくださる大先輩の上坂学さんとのコラボ企画。前半は上坂さんと近藤盟子さんによる華麗なクラシックを、後半はグルーヴ感溢れる演奏で大人気のブラジル音楽専業ピアニスト・今井亮太郎さんと僕でボサノヴァやサンバやオリジナルを演奏します。

フルーティストは相互にクロスオーバー出演予定。川満が目を白黒させながらクラシックの譜面を追う姿を東京で見られる機会は滅多にありませんよ!!(>_<) 逆に上坂さんには僕からささやかな宿題(!?)をお出ししておきますので、巨匠がブラジル音楽の世界にどう斬り込むのか、そちらもどうぞお楽しみに♪^^

Strings Live

↑ クリック下さい ↑



JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.213「ザ・トリオIII」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その2
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
 <ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
    (未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl Pf) 
●ケクラン:ディヴェルティスマン Op.90(2Fl AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl Pf)

Probe213:その2

昨日に続き、ソロイスツVol.213へ向けての練習、その第2回目です。

Probe213:その2

伴奏付きの3Flトリオの作品と言えば【これ!】的存在のテレマンですが、昔の曲とは言えなかなかのテクニカルな作品です。テレマンのそばによほどの名手がいたのでしょう。オリジナルは、アルトリコーダーと2本のフルート、つまり1本の縦笛と2本の横笛という編成ですが、フルート、ヴァイオリン、オーボエでのトリオ等、比較的自由な編成で演奏される機会の多い作品です。当時の習慣とは言え、時代だけで無く楽器の壁も越えて演奏され成立するこの作品は完成度が高いと言うことでしょう。現代が要求する華やかさ、音色、音程、テンポ、それらを満たした時に古楽の世界には無いテレマンの素晴らしい音楽像が出現します。と同時に、高性能な現代のフルートでも演奏に苦労するテクニカルさが顔を覗かせます。

Probe213:その2

ブレスの位置やフレージング(同じなら良いと言うことばかりでは無い)、音色、テンポ感、そして音程の取り方等々、打ち合わせ内容は多岐にわたります。


<本日の賄い>

Probe213:その2

練習が終わったのは予定よりも2時間近く遅く、夕方ですがちょっとお腹も減りました。食事は想定していなかったので、先日作って感動したかき醤油味付のりのサラミチーズ焼きです。喜んで貰えましたよ〜ヽ(^。^)丿 ゴーダチーズとパルミジャーノ・レッジャーノもつまみながら、、、

Probe213:その2

お疲れ様でした!
次回練習は明後日、本番前日の日曜日です。


 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
<ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl Pf) 
●ケクラン:ディヴェルティスマン Op.90(2Fl AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl Pf)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑



・・・・・・・・・・


 
 
【LIVEのお知らせ♪(1/17)】


フルートとピアノで愉しむ クラシックとブラジル音楽の夕べ

【日 時】2017年1月17日(火) 19:30開演(18:30開店)
【会 場】吉祥寺:Strings (武蔵野市吉祥寺本町2-12-13-B1F)
【料 金】¥3,000(+ご飲食代)
【出 演】
・1st set (クラシック):上坂 学(Fl.)、近藤 盟子(Pf.)
・2nd set (ブラジル音楽):今井 亮太郎(Pf.)、 川満 直哉(Fl.)
※入替制ではありません。どちらもお楽しみいただけます。


<以下Facebookのイベントページより転載>

クラシックのフルート奏者でありながらポピュラー音楽にもオープンマインドで接してくださる大先輩の上坂学さんとのコラボ企画。前半は上坂さんと近藤盟子さんによる華麗なクラシックを、後半はグルーヴ感溢れる演奏で大人気のブラジル音楽専業ピアニスト・今井亮太郎さんと僕でボサノヴァやサンバやオリジナルを演奏します。

フルーティストは相互にクロスオーバー出演予定。川満が目を白黒させながらクラシックの譜面を追う姿を東京で見られる機会は滅多にありませんよ!!(>_<) 逆に上坂さんには僕からささやかな宿題(!?)をお出ししておきますので、巨匠がブラジル音楽の世界にどう斬り込むのか、そちらもどうぞお楽しみに♪^^

Strings Live

↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.213「ザ・トリオIII」へ向けてどうやって準備してどうやって練習しているかというと〜その1
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
 <ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
    (未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl Pf) 
●ケクラン:ディヴェルティスマン Op.90(2Fl AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl Pf)

Probe213

新年はソロイスツが始まりです。今回はトリオの特集、久しぶりに集まった翔子せんせい(左)と景子ちゃん(右)であります。練習前に金沢銘菓「福梅」を旨旨に頬張っております(*^_^*)

Probe213

さあ、練習!
あ、間違った。。。

Probe213

休み無しで練習、各パートの相談しているお二人であります。今回の演目中、特にケクランのトリオは奏者一人一人の個性や考え方の曲への投影が重要な作品。個性的でありながら「トリオという一つの楽器」になるような自然な音楽の流れが要求される難曲です。練習は明日へと続きます

池袋

練習が終わって急いで池袋へ、プチ池袋レッスンでありました。
晴天の池袋東口、午後ですが朝のような雲一つ無い高い空が気持ちイイ!(風が強くて凄く寒かったですけど)

池袋

レッスンが終わった後も居残り練習。ケクラン、難しい上に印刷の質が悪くて印字が薄いよ!スキャンしてコントラスト上げて印刷したパート譜、それでも印刷スカスカだよ(`_´)


<知られざる練習へ向けての準備>

部屋掃除

例年通り連数室の掃除を新年に持ち越した私であります( ̄。 ̄;)
いくら何でもこの汚い部屋で(1枚目)新年最初の練習をする訳にはいきません。重い腰を上げていざ掃除(=山積みの楽譜をピアノの下へ移動)。ほぅ〜ら!ぴっかぴか(嬉)。なんだか残響が増えたよ。更に練習が楽しくなりました( ̄^ ̄)

 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
<ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl Pf) 
●ケクラン:ディヴェルティスマン Op.90(2Fl AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl Pf)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑



・・・・・・・・・・


 
 
【LIVEのお知らせ♪(1/17)】


フルートとピアノで愉しむ クラシックとブラジル音楽の夕べ

【日 時】2017年1月17日(火) 19:30開演(18:30開店)
【会 場】吉祥寺:Strings (武蔵野市吉祥寺本町2-12-13-B1F)
【料 金】¥3,000(+ご飲食代)
【出 演】
・1st set (クラシック):上坂 学(Fl.)、近藤 盟子(Pf.)
・2nd set (ブラジル音楽):今井 亮太郎(Pf.)、 川満 直哉(Fl.)
※入替制ではありません。どちらもお楽しみいただけます。


<以下Facebookのイベントページより転載>

クラシックのフルート奏者でありながらポピュラー音楽にもオープンマインドで接してくださる大先輩の上坂学さんとのコラボ企画。前半は上坂さんと近藤盟子さんによる華麗なクラシックを、後半はグルーヴ感溢れる演奏で大人気のブラジル音楽専業ピアニスト・今井亮太郎さんと僕でボサノヴァやサンバやオリジナルを演奏します。

フルーティストは相互にクロスオーバー出演予定。川満が目を白黒させながらクラシックの譜面を追う姿を東京で見られる機会は滅多にありませんよ!!(>_<) 逆に上坂さんには僕からささやかな宿題(!?)をお出ししておきますので、巨匠がブラジル音楽の世界にどう斬り込むのか、そちらもどうぞお楽しみに♪^^

Strings Live

↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:写真
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] ソロイスツVol.212「フルート・アラカルトII〜フルートアンサンブル奏[KANADE]」演奏会後記
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.212
<フルート・アラカルトII>


◆公演日:2016.11月19日(土)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:フルートアンサンブル・奏-KANADE
Fl.上坂 学片平 宏美鶴本 邦子西澤 万有里
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,000− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

今回のソロイスツは大学時代の仲間とのアンサンブル「奏[KANADE]」としての演奏会でした。フルート2本〜4本、1パートは持ち替えでアルトフルートも加えての重厚なフルートアンサンブルでした。


<本日のゲネプロ>−−−−−−−−−−−−−−−

Do212奏

ゲネプロが始まりました。重量級の作品ばかりでそのサウンドチェックは重要です。

Do212奏

こちらはドヴィエンヌ女子隊(*^_^*)


<本日の開演>−−−−−−−−−−−−−−−

Do212奏

客席の明かりも落ち、

Do212奏

大竹さんのお話しで開演です。

Do212奏

前半は全員でお話し。


<本日の前半>−−−−−−−−−−−−−−−

Do212奏

細かいタンギングが印象的なテレマンに始まり、

Do212奏

天真爛漫なドヴィエンヌ、

Do212奏

そして七変化する響きが楽しいヒンデミットで前半終了です。


<本日のTea Time>−−−−−−−−−−−−−−−

Do212奏

今日はCafe Kreisも大賑わいです(^o^)
ワインとジュースで楽しい時間です。


<本日の後半>−−−−−−−−−−−−−−−

Do212奏

後半は私がお話しを。

Do212奏

まずは、やはり大学時代の仲間の八巻絵里子さんのオリジナル作品「ソノリテ」です。あの難解なエチュードも素敵なアンサンブルに大変身。

Do212奏

最後はラヴェル。ピアノ曲をフルートで演奏することは、ある部分では無謀なのですが、原曲の素敵な響きがとても良く再現されたアレンジでした。後半の以上2曲は私はアルトフルートを担当しました。

Do212奏

アンコール、カルメンは普通のフルートに戻って。ディズニーは再びアルトフルート担当しました。


プログラムは以下の通りでした。

●テレマン:組曲 イ短調 TWV55:a2(4Fl、原曲:フルート独奏、弦楽合奏)
1st.上坂 2nd.西澤 3rd.鶴本 4th.片平

当時の大人気音楽家テレマンの代表作の1つです。バッハの管弦楽組曲第2番と同様の構成の作品で、原曲でのフルートがこの四重奏では1st.パートで演奏されます。ロマン派の協奏曲のように独奏フルートが独立仕切れていないコンチェルトグロッソで、主に弦楽合奏部分を担当する2nd〜4thフルートも大活躍します。1st.はもちろんですが、各パートともトゥッティとソロの部分が交互に出てきますので、その吹き分けが重要になってきます。


●ドヴィエンヌ:6つの三重奏曲 Op.19より、第5番 ト短調(3Fl)
1st.鶴本 2nd.片平 3rd.西澤

「フランスのモーツァルト」とも言われるドヴィエンヌの華麗なフルートトリオです。彼はファゴットも名手でオペラ座のファゴット奏者としても活躍しました。パリ音楽院の教授の地位にあったり、当時のフランスで標準とされた教則本も記しています。明るく軽快で技巧の披露もあって、演奏会に最適な1曲です。


●ヒンデミット:カノン風ソナチネ Op.31-3(2Fl)
1st上坂 2nd.片平

20世紀ドイツの作曲家ヒンデミットの隠れた名曲です。ヒンデミットのフルート作品と言えばソナタが有名ですね。また、ヴァイオリンやピアノなども巧みに演奏していたマルチな音楽家で、それらの楽器の室内楽もたくさん残しています。20世紀の作品ですから凝った響きもありますが、古典の域を外さずきちっとした構成は楽しさをもたらしています。20世紀アレルギーの皆さんへも勧めたい名曲。


−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


●八巻 絵里子:4本のフルートのための祝賀組曲より、第1曲「ソノリテ」(3Fl+AFl、委嘱新作)
1st.片平 2nd.鶴本 3rd.西澤 AFl.上坂

我々「奏」は大学の同級生でもあるのですが、この作品の作曲者八巻絵里子さんもフルート科の同級生です。卒業後暫く日本で活躍した後にアメリカへ渡り、バークリー音楽大学でジャズを学んでいます。現在はボストンに在住、ジャズピアニストとして活躍しています。演奏する「ソノリテ」は、フルート吹きなら必ず1度は経験するモイーズのテキスト「ソノリテ」の練習課題をモチーフにしたユニークな作品です。「H-B」というあの音の練習がどんどん広がり華やかな四重奏に変貌しています。緊張感と変化に富んだ素晴らしい作品でした。


●ラヴェル:ソナチネ(3Fl+AFl、原曲:ピアノ)
 1st.西澤 2nd.片平 3rd.鶴本 AFl.上坂

ラヴェルの名作、ピアノの為のソナチネが原曲です。ピアノ特有の細かいパッセージが繰り広げられます。その効果をフルートでいかに表現するかが醍醐味となっています。アルトフルートでは最低音のFis(普通のフルートのHに相当)への跳躍は頻繁に出てきて指がつりそうでした(笑)

アンコールは、ビゼー:カルメンよりエスカミーリオのアリア(4Fl)、ディズニー:いつか王子様が(八巻 絵里子編曲、3Fl+AFl)でした。


次回公演は、2017年1月9日(月・祝、2:30p.m.開演)公演「ザ・トリオIII」です。今回はピアノも加えてのトリオの名曲をお届け致します。どうぞお越し下さいますよう心よりお待ち申し上げます。



フルート・コミュニケーション Vol.212

音大ライフって?

Do212奏 本日のメンバーは昨年1月公演Vol.198以来の同級生で編成されたアンサンブル「奏[KANADE]」であります。同級生ですから気心も知れていてリラックスできますが、だからと言って厳しさが無いかと言うと、そんなはずはありません、プロは厳しいのです。。。

大学は附属の幼稚園から大学院まであり、附属から入学してくる者、私の様に外部から入学してくる者様々です。多くの学生は「研究室」という本来はレッスンを行うはずの実際には各楽器の部室の様な部屋に入り浸っています。登校しら研究室に行き、荷物を置き、授業に出る。練習をする、おしゃべりをする、食事やお茶をする、そんな部屋です。それぞれに師事する先生が違い、また目標や夢も違いますから、仲が良くてもアンサンブルしたり演奏会を開催したりするのは意外にも少ないのですね。

そんな仲間が長年勉強し経験を積み、その成果を持ち寄って一つの音楽に心を注ぐ「演奏」という行為は楽しくやり甲斐があります。どうぞそんな演奏をお楽しみ下さい。
(ま)




<本日の打ち上げ>−−−−−−−−−−−−−−−

Do212奏

待ってました!この時を!!
今日はいつもにも増して喉渇いたよ〜(;´Д`)

Do212奏

後輩達(右2人)も来てくれて至福のひととき、みんなありがとう!


<本番へ向けてどうやって気分を高めているかというと>−−−−−−−−−−−−−−−

Do212奏

会場入り前に鬼気迫る最後の練習です。

Do212奏

で、ダクの店内でコーヒーを頂きながらの腹ごしらえ中〜。
さあ、本番だよ!



 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜


「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
<ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl+Pf) 
●ケックラン:ディヴェルティメント Op.90(2Fl+AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl+AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl+Pf)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑



・・・・・・・・・・

 
【LIVEのお知らせ♪(1/17)】

フルートとピアノで愉しむ クラシックとブラジル音楽の夕べ

【日時】2017年1月17日(火) 19:30開演(18:30開店)
【場所】吉祥寺:Strings (武蔵野市吉祥寺本町2-12-13-B1F)
【料金】¥3,000(+ご飲食代)
【出演】
・1st set (クラシック):上坂 学(Fl.)、近藤 盟子(Pf.)
・2nd set (ブラジル音楽):今井 亮太郎(Pf.)、 川満 直哉(Fl.)
※入替制ではありません。どちらもお楽しみいただけます。


<以下Facebookのイベントページより転載>

クラシックのフルート奏者でありながらポピュラー音楽にもオープンマインドで接してくださる大先輩の上坂学さんとのコラボ企画。前半は上坂さんと近藤盟子さんによる華麗なクラシックを、後半はグルーヴ感溢れる演奏で大人気のブラジル音楽専業ピアニスト・今井亮太郎さんと僕でボサノヴァやサンバやオリジナルを演奏します。

フルーティストは相互にクロスオーバー出演予定。川満が目を白黒させながらクラシックの譜面を追う姿を東京で見られる機会は滅多にありませんよ!!(>_<) 逆に上坂さんには僕からささやかな宿題(!?)をお出ししておきますので、巨匠がブラジル音楽の世界にどう斬り込むのか、そちらもどうぞお楽しみに♪^^
Strings Live
↑ クリック下さい ↑

どうぞお楽しみに!!

JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:写真
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] 明日公演:Vol.212「フルート・アラカルトII」
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.212
<フルート・アラカルトII>


◆公演日:2016.11月19日(土)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:フルートアンサンブル・奏-KANADE
Fl.上坂 学片平 宏美鶴本 邦子西澤 万有里
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,000− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

今回のプログラムは、オリジナルに加え、クラシック音楽として人気の高いポピュラーな作品、そして、この日の為に作曲してくれた作品の初演も行います。プログラムは以下の通りです。


●テレマン:組曲 イ短調 TWV55:a2(4Fl、原曲:フルート独奏、弦楽合奏)

当時の大人気音楽家テレマンの代表作の1つです。バッハの管弦楽組曲第2番と同様の構成の作品で、原曲でのフルートがこの四重奏では1st.パートで演奏されます。ロマン派の協奏曲のように独奏フルートが独立仕切れていないコンチェルトグロッソで、主に弦楽合奏部分を担当する2nd〜4thフルートも大活躍します。


●ドヴィエンヌ:6つの三重奏曲 Op.19より、第5番 ト短調(3Fl)

「フランスのモーツァルト」とも言われるドヴィエンヌの華麗なフルートトリオです。彼はファゴットも名手でオペラ座のファゴット奏者としても活躍しました。パリ音楽院の教授の地位にあったり、当時のフランスで標準とされた教則本も記しています。


●ヒンデミット:カノン風ソナチネ Op.31-3(2Fl)

20世紀ドイツの作曲家ヒンデミットの隠れた名曲です。ヒンデミットのフルート作品と言えばソナタが有名ですね。また、ヴァイオリンやピアノなども巧みに演奏していたマルチな音楽家で、それらの楽器の室内楽もたくさん残しています。


−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−− 


●八巻 絵里子:4本のフルートのための祝賀組曲より、第1曲「ソノリテ」(3Fl+AFl、委嘱新作)

我々「奏」は大学の同級生でもあるのですが、この作品の作曲者八巻絵里子さんもフルート科の同級生です。卒業後暫く日本で活躍した後にアメリカへ渡り、バークリー音楽大学でジャズを学んでいます。現在はボストンに在住、ジャズピアニストとして活躍しています。演奏する「ソノリテ」は、フルート吹きなら必ず1度は経験するモイーズのテキスト「ソノリテ」の練習課題をモチーフにしたユニークな作品です。「H-B」というあの音の練習がどんどん広がり華やかな四重奏に変貌しています。


●ラヴェル:ソナチネ(3Fl+AFl、原曲:ピアノ)

ラヴェルの名作、ピアノの為のソナチネが原曲です。ピアノ特有の細かいパッセージが繰り広げられます。その効果をフルートでいかに表現するかが醍醐味となっています。


どうぞお出かけ下さいませ。
皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

 
Do-Vol.212-KANADE
↑ クリック下さい ↑

JUGEMテーマ:音楽
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.212「フルート・アラカルトII」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その5
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.212
<フルート・アラカルトII>


◆公演日:2016.11月19日(土)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:フルートアンサンブル・奏-KANADE
Fl.上坂 学片平 宏美鶴本 邦子西澤 万有里
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,000− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツは、昨年1月の公演に続き大学時代の仲間で結成したアンサンブルの公演となります。今回のプログラムは、オリジナルに加え、クラシック音楽として人気の高いポピュラーな作品、そして、この日の為に作曲してくれた作品の初演も行います。プログラムは以下の通りです。

●テレマン:組曲 イ短調 TWV55:a2(4Fl、原曲:フルート独奏、弦楽合奏)
●ドヴィエンヌ:6つの三重奏曲 Op.19より、第5番 ト短調(3Fl)
●ヒンデミット:カノン風ソナチネ Op.31-3(2Fl)

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●八巻 絵里子:3本のフルートとアルトフルートのための祝賀組曲より、第1曲「ソノリテ」(3Fl AFl、新作初演)
●ラヴェル:ソナチネ(3Fl AFl、原曲:ピアノ)

来週末土曜日公演、ソロイスツVol.212「フルート・アラカルトII」へ向けての合わせ第3回目、最後の練習会です。


*以下7画像とも全てスマホで撮影
Probe212:奏

どんより雨上がりの(音楽家的には)早朝の渋谷です。

Probe212:奏

ソロイスツVol.212「奏」練習会です。

Probe212:奏

テレマンは長大な組曲なので練習も熱が入りますねー。

Probe212:奏

こちらはヒンデミット。20世紀の音楽に馴染みがない人でも、面白い!と感じる秀作です。

Probe212:奏

こちらドヴィエンヌ、華麗なトリオです。

Probe212:奏

お疲れ様でした!あとは本番当日です。

Probe212:奏

雨も上がり我々の気持ちのように晴れ晴れ〜(*^_^*)

(本日の後半戦に続く)



 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜


「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.212
<フルート・アラカルトII>


◆公演日:2016.11月19日(土)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:フルートアンサンブル・奏-KANADE
Fl.上坂 学片平 宏美鶴本 邦子西澤 万有里
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,000− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツは、昨年1月の公演に続き大学時代の仲間で結成したアンサンブルの公演となります。今回のプログラムは、オリジナルに加え、クラシック音楽として人気の高いポピュラーな作品、そして、この日の為に作曲してくれた作品の初演も行います。プログラムは以下の通りです。

●テレマン:組曲 イ短調 TWV55:a2(4Fl、原曲:フルート独奏、弦楽合奏)
●ドヴィエンヌ:6つの三重奏曲 Op.19より、第5番 ト短調(3Fl)
●ヒンデミット:カノン風ソナチネ Op.31-3(2Fl)

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●八巻 絵里子:3本のフルートとアルトフルートのための祝賀組曲より、第1曲「ソノリテ」(3Fl AFl、新作初演)
●ラヴェル:ソナチネ(3Fl AFl、原曲:ピアノ)

どうぞお楽しみに!!
 
Do-Vol.212-KANADE
↑ クリック下さい ↑

JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:写真
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.212「フルート・アラカルトII」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その4
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.212
<フルート・アラカルトII>


◆公演日:2016.11月19日(土)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:フルートアンサンブル・奏-KANADE
Fl.上坂 学片平 宏美鶴本 邦子西澤 万有里
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,000− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツは、昨年1月の公演に続き大学時代の仲間で結成したアンサンブルの公演となります。今回のプログラムは、オリジナルに加え、クラシック音楽として人気の高いポピュラーな作品、そして、この日の為に作曲してくれた作品の初演も行います。プログラムは以下の通りです。

●テレマン:組曲 イ短調 TWV55:a2(4Fl、原曲:フルート独奏、弦楽合奏)
●ドヴィエンヌ:6つの三重奏曲 Op.19より、第5番 ト短調(3Fl)
●ヒンデミット:カノン風ソナチネ Op.31-3(2Fl)

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●八巻 絵里子:3本のフルートとアルトフルートのための祝賀組曲より、第1曲「ソノリテ」(3Fl AFl、新作初演)
●ラヴェル:ソナチネ(3Fl AFl、原曲:ピアノ)

来週末土曜日公演、ソロイスツVol.212「フルート・アラカルトII」へ向けての合わせ第2回目です。


*画像は全てスマホで撮影
Probe212

夜の帳が降り始めた頃、、、

Probe212

都内某所で「奏」の合わせ第2回です。本番は来週に迫っています。メンバーも全開で音楽に集中ーーー。

Probe212

1曲目に演奏するテレマンの管弦楽組曲は、有名なバッハの管弦楽組曲第2番と同様の編成でフルートの独奏で舞曲が連なります。私が担当する1st.パートはオリジナルそのままの独奏となっていて、他の3パートで弦楽オーケストラを演奏するという編曲です。オーケストラパートと言っても単なる伴奏では無く、コンチェルトグロッソですので重要な旋律もあちらこちらの出てきて2nd〜4thのパートももの凄く活躍します。音楽的にも、フルートの活躍を聞くのも楽しい作品です。

Probe212

練習が終わってお疲れ様の乾杯〜。
まずはビールで。

Probe212

このお店は「肉バル」と銘打つお肉とワインのお店です。アペタイザー(というか、お通し)も美味しい、オリーブや鶏肉のピンチョスです。

Probe212

この後メンバーのMayuriちゃんのお嬢さんも加わって赤ワインで乾杯〜。

Probe212

帰りは漆黒の夜。
皆さんお疲れ様でした。また来週宜しくお願いします!!



 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜


「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.212
<フルート・アラカルトII>


◆公演日:2016.11月19日(土)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:フルートアンサンブル・奏-KANADE
Fl.上坂 学片平 宏美鶴本 邦子西澤 万有里
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,000− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツは、昨年1月の公演に続き大学時代の仲間で結成したアンサンブルの公演となります。今回のプログラムは、オリジナルに加え、クラシック音楽として人気の高いポピュラーな作品、そして、この日の為に作曲してくれた作品の初演も行います。プログラムは以下の通りです。

●テレマン:組曲 イ短調 TWV55:a2(4Fl、原曲:フルート独奏、弦楽合奏)
●ドヴィエンヌ:6つの三重奏曲 Op.19より、第5番 ト短調(3Fl)
●ヒンデミット:カノン風ソナチネ Op.31-3(2Fl)

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●八巻 絵里子:3本のフルートとアルトフルートのための祝賀組曲より、第1曲「ソノリテ」(3Fl AFl、新作初演)
●ラヴェル:ソナチネ(3Fl AFl、原曲:ピアノ)

どうぞお楽しみに!!
 
Do-Vol.212-KANADE
↑ クリック下さい ↑

JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/38PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
コメントありがとうございます
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    てんし (05/22)
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    あらぱん (05/22)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    てんし (04/19)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    ブルーボリジ (04/14)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    てんし (04/12)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    T&E (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    てんし (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    ブルーボリジ (04/12)
  • カー・ディーラー、その2
    てんし (02/08)
  • カー・ディーラー、その2
    T.E (02/08)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
                profilephoto
OTHERS