CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.215「二重協奏曲」へ向けてどうやって進んでいるかというと〜その1
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.215
 <二重協奏曲>


◆公演日:2017.5月12日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像
◆スマホはQRコードから(Vol.215専用)
ソロイスツVol.215QR

●ドップラー:アンダンテとロンド Op.25(2Fl+Pf) 
●ヴィオッティ:2本のフルートと弦楽のための協奏交響曲 イ長調(2Fl+Pf) 
 
−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●J.S.バッハ:2本のフルートの為の協奏曲 ニ短調 BWV.1043より、第2楽章(2Fl+Pf、原曲:2つのヴァイオリンの為の協奏曲) 
●チマローザ:2本のフルートの為の協奏曲 ト長調(2Fl+Pf)

Probe215

次回5月12日(金)公演ソロイスツVol.215は、「二重協奏曲」と題し2本のフルートとオーケストラの為の作品をお届け致します。もちろんオーケストラの代わりにピアノでの演奏ですが、その響きの広大さ、偉大さ、格好良さ、繊細さを十二分にお届け致します。

どうぞお楽しみに!

Probe215

本日のおやつタイムは、先日ゲットした諏訪の銘菓「大社煎餅」から、ピーナッツせんべい、ごませんべい、カステラせんべい、瓦焼きです。ピーナッツ美味しい、ごまも美味しい、カステラも美味しいね、瓦焼き美味しいですね〜、、、って、全部美味しいんじゃん(笑)。今日も食も絶好調の翔子ちゃんなのでありましたσ(^◇^;)




 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.215
 <二重協奏曲>


◆公演日:2017.5月12日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像
◆スマホはQRコードから(Vol.215専用)
ソロイスツVol.215QR

カッコイイ フルートをお聴かせ致します!


●ドップラー:アンダンテとロンド Op.25(2Fl+Pf) 
●ヴィオッティ:2本のフルートと弦楽のための協奏交響曲 イ長調(2Fl+Pf) 
 
−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●J.S.バッハ:2本のフルートの為の協奏曲 ニ短調 BWV.1043より、第2楽章(2Fl+Pf、原曲:2つのヴァイオリンの為の協奏曲) 
●チマローザ:2本のフルートの為の協奏曲 ト長調(2Fl+Pf)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑



 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



大阪レッスン
↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] 演奏会へ向けてどうやって選曲しているかというと
Weinberg

3月から、ヴィオラとのサロンコンサートを2週連続、ソロイスツ、翌日から大阪レッスン、東京へ戻った翌週はフルートを楽しもう!と結構忙しない1ヶ月でした。そんなに大変な訳では無いのだけれどちょっと休みたいなんて感じていました。でも!遅れていた7月のソロイスツの構想がまとまり、さっそく楽譜を開いて吹いてみましたよ。7月はショパンとポーランド音楽の特集を組む予定です。いつもの翔子ちゃんとの2重奏の他に、ソロのメインはWeinbergの協奏曲を予定しています。今度も無茶苦茶難しいのですがサイコーにゴキゲンな協奏曲なのです。まったくの初めての曲、素晴らしい作品に出会えたことに感謝です。演奏会へ向けて走り続けますよー。




 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.215
 <二重協奏曲>


◆公演日:2017.5月12日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像
◆スマホはQRコードから(Vol.215専用)
ソロイスツVol.215QR

カッコイイ フルートをお聴かせ致します!


●ドップラー:アンダンテとロンド Op.25(2Fl+Pf) 
●ヴィオッティ:2本のフルートと弦楽のための協奏交響曲 イ長調(2Fl+Pf) 

 
−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●J.S.バッハ:2本のフルートの為の協奏曲 ニ短調 BWV.1043より、第2楽章(2Fl+Pf、原曲:2つのヴァイオリンの為の協奏曲) 
●チマローザ:2本のフルートの為の協奏曲 ト長調(2Fl+Pf)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑



 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



大阪レッスン
↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] ソロイスツVol.214「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」演奏会後記
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像


<本日のゲネプロ>−−−−−−−−−−−−−−−

Do214

今回のソロイスツは、2本のフルートだけで演奏するのは無謀とも思える大曲2曲での公演です。

Do214

ゲネプロです。2つしか音はありませんが音楽は極めて壮大、どのように響くのかサウンドチェックが重要です。


<本日のStage-1>−−−−−−−−−−−−−−−

Do214

解説の大竹さんのお話しで開演です。今回は「楽聖」とも言われる大作曲家のベートーヴェン、そして、そのベートーヴェンとも縁のあるクーラウの作品を取り上げますので、話したくても話題が多すぎて話し切れない悩みがあったようですね。

Do214

前半は全員でお話しです。プログラミングの狙いや2人の作曲家にまつわる想い出など。特にクーラウはピアノを初めてまもなくソナチネを練習しますし、クーラウのフルートアンサンブル曲は大学での定番曲ですのでたくさんの想い出(良い事も嫌なことも・笑)があります。

Do214

前半はベートーヴェンのピアノソナタ。ピアノ特有の跳躍やオクターブの連続はフルートにとって最も苦手とする奏法の1つ。また、壮大すぎる音楽をたった2つの音で演奏する苦しみと喜び!が交錯します。


<本日のTea Time>−−−−−−−−−−−−−−−

Do214

休憩中は赤白ワインとジュースがサービスされます。今日はジュースが残ってワインが赤白とも完売!

Do214

お客様とも和気あいあいと歓談させて頂きます。

Do214

FBの方でお友達になって頂いているKayoさんがお越し下さいました!そして初めてお目にかかります。嬉しかったです。

Do214

そしてこちらもFBのお友達で初めてお目にかかるKaoriさん、楽しかったなあ!打ち上げにも参加下さいましたよ。


<本日のStage-2>−−−−−−−−−−−−−−−

Do214

後半は私だけ出て行ってお話しです。壁の影からフルート奏者・翔子はミタ!σ(^◇^;)

Do214

後半はクーラウの最も壮大で長大な二重奏です。前半のベートーヴェンはまだ休符がありフルートを当て直す余裕がありましたがクーラウにはそれも皆無!1楽章は10分7ページ当て直すような休み無しです(゜´Д`゜)

Do214

演奏会も好評のうちに終演、頂いた花束とお土産をもって記念撮影〜(*^_^*)
プログラムは以下の通りでした。

●ベートーヴェン:Ludwig van Beethoven 
(1770.12.16[17] ドイツ、ボン〜1827.3.26 ウイーン[57歳])
  −2本のフルートのためのソナタ ハ長調 Op.2-3
  (原曲:ピアノソナタ 第3番 ハ長調、1795年作曲[25歳])
   I.Allegro con brio 4/4
   II.Adagio 2/4
   III.Scherzo : Allegro 3/4
   IV.Assai Allegro 6/8

1795年、ベートーヴェン25歳の時の作品です。25歳と言えば、35歳で亡くなったモーツァルトや38歳で亡くなったメンデルスゾーンの2人の天才から見れば円熟の壮年期と言えますが、30歳で第1番の交響曲を作曲したべーとヴェンとしては若い頃の作品と言えるでしょう。若い頃の作品ではありますが壮大なベートーヴェンは健在で、ピアノ特有のテクニックに加えて、その壮大な音楽を再現するのがフルートにとってとても難しい作品となっています。それでもフルートのための作品にはとても少ない古典の名曲に触れられる喜びが大きく、再演したくなる作品の1つとなりました。

社交的で無かったとされるベートーヴェンですが、パトロンになる貴族たちとはそこそこ上手く付き合っていたようですね。また、戯曲「アマデウス」で有名になりモーツァルト暗殺説まで飛び出したサリエリの事を気に入り、しばしば作曲を習ったり仕事の世話をして貰っていたようです。ちょっと意外な話しではあります。

                                
−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−


●クーラウ:Daniel Friedrich Rudolph Kuhlau
(1786.9.11 ドイツ、ユルツェン〜1810.11デンマーク、コペンハーゲンに亡命[24歳]〜1832.3.12 デンマーク、コペンハーゲン[46歳])
  − 2本のフルートのため3つの協奏的大二重奏曲より、第1番 イ長調 Op.87-1(1827作曲[41歳])
   I.Allegro 4/4
   II.Andante 6/8
   III.Rondo alla Polacca : Allegro 3/4

後半は、前半のベートーヴェンよりも演奏が大変だったクーラウの大作です。クーラウは生涯に一度だけウィーン郊外のバーデンでベートーヴェンに会っています。馬車での長旅(今のように乗り心地が良い訳では無い馬車で砂利道を何日も走った)へとへとのクーラウをせっかちなベートーヴェンは「とても美しい森があるから」と早歩きで案内してクーラウは辟易としてしまった、という記録も伝わっています。

この二重奏はベートーヴェンへの憧れや夢が詰まった壮大な作品で、まさに「ヴィルトゥオーゾ」でしょう。全3楽章、どの楽章も吹き始めたらフルートを口から離すことが出来ない(つまり、当て直す事が出来ない)オソロシイ二重奏です(笑)。クーラウは他にも吹き始めたら10分はフルートを口から離せないディヴェルティスマンという曲があって、マラソン・フルート(仮称)が好きなようですね!(ちょっと迷惑ですけど)。並の作曲家ならこのような吹きっ放しの作品を書くと平凡でつまらない作品になりがちなのですが、クーラウの作品では美しさと品位が保たれていてやり甲斐のある曲になっています。部分的なテクニックは、簡単ではありませんがそれほど難しくなく、ただ長時間吹き続けられる安定したテクニックが求められる、ということが一番の難しさなのですね。チャレンジし甲斐のある二重奏です。


アンコールは、ベートーヴェン:カノン(即興で作りクーラウに贈った)、ベートーヴェン:2Flのためのアレグロとメヌエット G-dur WoO.26より、アレグロでした。


次回公演は、2017年5月12日(、7:00p.m.開演)公演「二重協奏曲」と題し、原曲は全てオーケストラ伴奏、つまり協奏曲形式の名曲をお届け致します。「たった1人のオーケストラ」とも言われるピアノでまさしくオーケストラを表現し、そのオーケストラの上で2本のフルートが縦横無尽に駆け回ります。どうぞお越し下さいますよう心よりお待ち申し上げます。


フルート・コミュニケーション Vol.214

壮大な作品たちだ

Do214 ヴィルトゥオーゾ、とは直訳すれば「名人」と言う意味なのだが、卓越した奏者や壮大な作品によく使われる言葉で、私も大好きな言葉だ。ヴィルトゥオーゾなフルート奏者になりたい、そう常々思っている。そのヴィルトゥオーゾ、本日演奏する2作品にぴったりな言葉だ。

ベートーヴェンはよく大器晩成などと言われる。それは本格的に作品を残し始めたのが20歳を超えてからであり、第1番の交響曲は30歳の時の作品だ。モーツァルトは5歳で作品を残し、さっさと音楽をやめてグルメ三昧の生涯を送ったロッシーニでさえ12歳の時にあの名作弦楽の為のソナタを、16歳でオペラを作曲している。

熟慮して作曲されたべーとヴェンの作品は、例え25歳で作曲された今宵演奏するソナタでさえ円熟の風格があり、まさにヴィルトゥオーゾだ。

そのベートーヴェンに憧れ、フルートだけで壮大なシンフォニーを演じようとするクーラウもまた凄い。2人の奏者は演奏し始めたらほぼ休み無く音を流し続ける。フルートのベートーヴェンであると同時に、フルートのトライアスロンと言っても過言では無いのだ!
(ま)



<本日の打ち上げ>−−−−−−−−−−−−−−−

Do214

第2の本番(某教授談)の開演です。
こちらの居酒屋(チェーン店)では、

Do214

旬のホタルイカの沖漬けとか、

Do214

旨旨の金目鯛のかぶと煮とかあってなかなか侮れないのです。魚はやっぱりかぶとが最高に美味しいですね〜、目の周り頂きー!

Do214

あ、いつも快食肉食女子の大●翔●ちゃんのために、ちゃんとガッツリ鶏の唐揚げも頼みましたよ(^◇^;) と言いつつ私も1つ、、、これが旨いんだよな(結局食べてる)。

Do214

鶏から食べて満足の大●翔●ちゃんと乾杯の図(笑)。

Do214

もちろん、Healthyに海鮮サラダもたのみましたよ、Vegetable Firstです(^_^)v




 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



 
【2017.4月2日(日)2:00p.m.開催】

東京Vol.18ロゴ
↑ クリック下さい ↑

・100%リクエストによるミニコンサートに続き、
フルート何でもQ&Aのイベントです。
・Q&Aでは希望者に直接アドバイス致します。
(ミニレッスンです)
・ムラマツ総銀〜18KのSRを自由に試奏頂けます。
・ピアニスト近藤さんがあなたの伴奏を致します。
・参加者皆さんで大合奏も。
・その他たくさん
詳細ページを是非ご覧下さい!
フライヤー(両面表示)もご覧下さい
・スマホはQRコードから

 東京Vol.18QR


JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] 明日公演、Vol.214「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。

●ベートーヴェン:ソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ)

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲第1番 イ長調 Op.87-1(2Fl)

Probe214

白熱の練習、終わりました。どんどん仕上がっていくのは気持ちイイですね。明日をどうぞお楽しみに!

皆様のお越し卯を心よりお待ち申し上げます。

Do213-215
↑ クリック下さい ↑





 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



 
【2017.4月2日(日)2:00p.m.開催】

東京Vol.18ロゴ
↑ クリック下さい ↑

・100%リクエストによるミニコンサートに続き、
フルート何でもQ&Aのイベントです。
・Q&Aでは希望者に直接アドバイス致します。
(ミニレッスンです)
・ムラマツ総銀〜18KのSRを自由に試奏頂けます。
・ピアニスト近藤さんがあなたの伴奏を致します。
・参加者皆さんで大合奏も。
・その他たくさん
詳細ページを是非ご覧下さい!
フライヤー(両面表示)もご覧下さい
・スマホはQRコードから

 東京Vol.18QR

JUGEMテーマ:音楽
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・イベント] フルートを楽しもう!&ソロイスツVol.214
【2017.4月2日(日)2:00p.m.開催】

東京Vol.18ロゴ
↑ クリック下さい ↑

・100%リクエストによるミニコンサートに続き、
フルート何でもQ&Aのイベントです。
・Q&Aでは希望者に直接アドバイス致します。
(ミニレッスンです)
・ムラマツ総銀〜18KのSRを自由に試奏頂けます。
・ピアニスト近藤さんがあなたの伴奏を致します。
・参加者皆さんで大合奏も。
・その他たくさん
詳細ページを是非ご覧下さい!
フライヤー(両面表示)もご覧下さい
・スマホはQRコードから

 東京Vol.18QR


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖・ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像
◆スマホはQRコードから
 Do214QR

たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。


●ベートーヴェン:2本のフルートの為のソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ) 
 
−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲 イ長調 Op.87-1(2Fl)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.214「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その1
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。

●ベートーヴェン:ソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ)

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲第1番 イ長調 Op.87-1(2Fl)


Probe214

来週に迫ってきたソロイスツVol.214です。今回はフルートでは無茶だと言われそうな大曲2曲でのプログラム構成です。ベートーヴェンの原曲はピアノソナタで、1795年に完成したベートーヴェン24歳の時の作品。溌剌そしていて素晴らしいソナタです。ピアノの動きをそのままフルートで再現します。細かい動きはまだしも、素早い跳躍はフルートにとって最難関です。

クーラウのデュオはオリジナル作品ですが、全3楽章楽譜の指定通りに繰り返すとベートーヴェンの作品同様30分近い演奏時間になる超大作です。さすがベートーヴェンに憧れていただけのことがあります。ほぼフルートを離すこと無く演奏することを強いられる、こちらも難関のデュオとなっています。が、目の前に難関が立ちふさがると闘志が湧くのですよ!

Probe214

お疲れ様です〜、と、りんごのパウンドケーキでお茶であります。賄いは茄子とごまのディップ(ババガヌーシュ、詳細後日)をナンで頂きました(旨)。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます!




 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜


 
【フルート&ヴィオラ ミニコンサート】
〜春の音色に誘われて〜

●日 時:2017.3月18日(土) 14時30分開演(14時開場)
●会 場 : 西武池袋線ひばりヶ丘
●料 金:3,000円(お茶菓子付き)
●出 演:Fl.上坂 学 Vla.津布久 敏子
●締 切:3月11日(土)
Facebookページ
●ご来場ご希望の方は、上記Facebookページでメッセージ、コメント
 または上坂までメールをお願い致します。
●プログラム(都合により変更する場合があります)

・J.S.バッハ[ドイツ、1685-1750]:管弦楽組曲第3番 BWV.1068より、ガヴォット
・ドヴィエンヌ[フランス、1759-1803]:フルートとヴィオラの為の6つの協奏的二重奏Op.5より、第1番ニ長調(全2楽章)
・ヘス[スイス、1906-1997]:二重奏曲ハ長調 Op.89より、第1楽章
・J.S.バッハ[ドイツ、1685-1750]:二重奏曲より、第2楽章
・バルトーク[ハンガリー、1881-1945]:44のヴァイオリン二重奏曲より(3曲)
・ホフマイスター[ドイツ、1754-1812]:フルートとヴィオラの為の二重奏曲ヘ長調より、第1楽章
−−−−− Pause −−−−−

・モーツァルト[オーストリア、1756-1791]:
  歌劇「ドン・ジョヴァンニ」より、「お手をどうぞ」(Fl+Vla)
  歌劇「魔笛」より、「私は鳥刺し」、「なんと素晴らしい響き」(Fl+Vla)
・テレマン[ドイツ、1681-1767]:無伴奏フルートの為の12のファンタジーより、第3番ロ短調(フルート独奏)
・J.S.バッハ[ドイツ、1685-1750]:無伴奏チェロ組曲(Vla版)第3番 BWV.1009より、ブーレ(ヴィオラ独奏)
・ガーシュイン[アメリカ、1898-1937]:誰かが私を見つめてる(Someone To Watch Over Me、フルート独奏)
・ゴセック[フランス、1734-1829]:ガヴォット
・ニールセン[デンマーク、1865-1931]:劇音楽「母」Op.41より、信仰と希望が戯れている(Faith And Hope Are Playing)
・プライエル[オーストリア、1757-1831]:フルートとヴィオラの為の3つの二重奏Op.44より、第1番ト長調(全2楽章)

170318_hibari



 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
【2017.4月2日(日)2:00p.m.開催】

東京Vol.18ロゴ
↑ クリック下さい ↑

・100%リクエストによるミニコンサートに続き、
フルート何でもQ&Aのイベントです。
・Q&Aでは希望者に直接アドバイス致します。
(ミニレッスンです)
・ムラマツ総銀〜18KのSRを自由に試奏頂けます。
・ピアニスト近藤さんがあなたの伴奏を致します。
・参加者皆さんで大合奏も。
・その他たくさん
詳細ページを是非ご覧下さい!
フライヤー(両面表示)もご覧下さい
・スマホはQRコードから

 東京Vol.18QR


 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖・ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像
◆スマホはQRコードから
 Do214QR

たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。


●ベートーヴェン:2本のフルートの為のソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ) 
 
−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲 イ長調 Op.87-1(2Fl)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑



JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.214「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」へ向けてどうやって打ち合わせしているかというと
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。

●ベートーヴェン:ソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ)

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲第1番 イ長調 Op.87-1(2Fl)

*4枚ともスマホでの画像
打ち合わせ

昨日のことです。

私は練習を始めていましたが、、、打ち合わせはちゃんと終えていませんでした。。。とにかく次回のソロイスツは大変、2本のフルートでシンフォニーを演奏するようなものだからです。楽譜を見た翔子、

「う〜む」

ガンバ!

打ち合わせ

「う〜むむむむむ」
と言うことで、和やかに打ち合わせ完了です\(^O^)/。

青空

今日はぽかぽか良い天気、まるで春のようです。
空も穏やかでしょう?

夕陽

日が長くなったとは言っても、まだまだ日が短い2月です。



 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖・ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像


たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。


●ベートーヴェン:2本のフルートの為のソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲 イ長調 Op.87-1(2Fl)


Do213-215

↑ クリック下さい ↑

 
JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:写真
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] Vol.214「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その1
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m.開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

たった2本のフルート、つまりたった2つの音で奏でるシンフォニックサウンド!
1曲30分の大曲を休むこと無く吹き続けます。

●ベートーヴェン:ソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ)

  −−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲第1番 イ長調 Op.87-1(2Fl)

ベートーヴェンOp.2-3楽譜

次回ソロイスツの公演は3月24日(金)なのでまだちょっと先。しかし、たった2本のフルートで演奏時間30分の大曲、それもテクニカルなので今のうちからゆっくり丁寧に練習しているワケなのです。ベートーヴェンのデュオは原曲がピアノソナタで、もの凄く速いオクターブのパッセージや分散和音がたくさん出てきます。分散和音はまだ良いのですが、オクターブの速いパッセージには苦しめられそうです。ご覧のようなオクターブのノンレガートが、1拍160くらいの速さで演奏されるという無理難題、フルートにとって苦手なパターンです。

ベートーヴェンOp.2-3楽譜

それも、こんな最低音域まで上からのオクターブは超難関です。
闘志が湧くなあ!!


 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖・ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像


次回ソロイスツは2本のフルートで、つまり、たった2つの音で1曲30分を超える大作に挑みます。その表現力や音の広がりに注目下さい!

●ベートーヴェン:2本のフルートの為のソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲 イ長調 Op.87-1(2Fl)


Do213-215

↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] ソロイスツVol.213「ザ・トリオIII」演奏会後記
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
<ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

本日公演ソロイスツVol.213はお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集でした。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお楽しみ頂きました。そのご報告です。


<本日のゲネプロ>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

今日は珍しくマチネー、時間に少しだけ余裕があるのと、プログラムの構成が分かりやすくいつもよりちょっとだけ余裕のある3人です。とは言っても前半のケクランがとても難しく一番時間を割きました。さあ、本番行きますよーーー!


<本日の前半>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

前半はいつものように全員でお話しです。それぞれの曲を演奏するに当たっての苦労話などなど。そんなコト思っていたの?ときう暴露もあって(;゜ロ゜)盛り上がりましたよ。

ソロイスツVol.213

前半はフランス音楽、1曲目はボワモルティエのトリオ。ピアノ(通奏低音)付きです。

ソロイスツVol.213

2曲目はケクランのトリオ、ピアノ無しです。小節線はかろうじてあるだけ、拍子はありません。その時々の音符が単位になります。拍子を書けばとても煩雑に変化する音楽です。


<本日の後半>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

後半は私がお話しを。フランス音楽とドイツ音楽の違いなど。

ソロイスツVol.213

1曲目はピアノ無しのカルク=エラート、美しすぎる室内楽です。

ソロイスツVol.213

そして最後は華やかにテレマンです。


● ボワモルティエ:Joseph Bodin de Boismortier
(1689.12.23.フランス、テイオンヴィル〜1755.10.28.ロワシー・アンメブリ(パリの東)[66歳])
−3Fl又はVlnと通奏低音のための6つのソナタ Op.34より、第1番 ト短調
(1731年パリで出版[42歳]、3Fl+Pf)
I.Adagio 4/4 II.Presto 2/4 III.Adagio 4/4 IV.Allegro 3/8

音楽史上初めて貴族などの庇護を持たない音楽家です。つまり、パトロン無しに自分の音楽を出版し収入を得て生活が成り立っていたという珍しくも逞しい音楽家なのですね。作風はフランス・バロックらしく流麗で美しい。楽譜上はとてもシンプルなのですが、音を重ねていくと(ちょっと大袈裟に言えば)想像しなかった音楽が流れてくる、そんな作品です。音符は易しいのでアマチュアでも十分楽しむことが出来るでしょう。


● ケクラン:Charles  Koechlin
(1867.11.27.フランス、パリ〜1950.12.31コート・ダジュールのレイヨール・キャナデル・シュール・メール[83歳])
−ディヴェルティスマン Op.90(91) (1921-1924年作曲[54-7歳]、2Fl+AFl)
I.とても静かに II.Allegro quasi Andante(sans lenteur) 4/4
III.終曲:十分にはっきりと Allegro

フランスの作曲家、理論家、評論家です。楽器はたしなむ程度だったとか。パリ音楽院でマスネやフォーレに学び、後に師のフォーレやラヴェルと共に活躍しました。自由な作風で、調性はあるもののそれをあまり感じさせず、拍子も厳密に言えばあるのですが楽譜上はありません。その場所その場所のめまぐるしく変わる音符が単位(=拍子)となります。お互いのパートを熟知していなければアンサンブルが成り立たない難しさがありますが、聞いていると変化に富んでとても面白いと感じる作品です。



−−−−−−−−− Tea Time −−−−−−−−−



● カルク=エラート:Sigfrid Karg-Elert
(1877.11.21.ドイツ、オーベンドルフ・アム・ネッカー〜1933.4.9.ライプツイヒ[55歳])
−三重奏 ニ短調 Op.49.No.1(1905年ライプツィヒで出版[28歳])
(原曲:Ob.Cla.Ehのための三重奏曲 ニ短調 Op.49.No.1、2Fl+AFl)
I.Intriduction : 静かに、重々しく 4/4
II.Double Fugue : 落ち着いて 3/8
III.Sarabande : 十分にゆっくりと 3/8
IV.Rigaudon and Musette : 活気を持って 2/2

名前の表記が「カルク=エラート」「カルク=エーレルト」「カーク=エラート」と定まらない作曲家です。我々笛吹きにはソナタ:アパッショナータが有名ですが、エラートの作風は攻撃的なアパッショナータよりも、このトリオのようにひたすら美しい響きを持つ作品が本来のような気がします。極めてゆったりとした、しかし流動的な音楽は、運指は簡単ですが音楽作りが極めて高度で難しく、何度でも再演したくなる作品です。とてもお勧め出来るアンサンブルです。


● テレマン:Georg Philipp Telemann
(1681.3.14.ドイツ、マクデブルク〜1767.6.25.ハンブルク[86歳])
−ターフェル・ムジーク第2集より、第4曲:四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1
(原曲:2Fl,Rec,BCC、1733年作曲[52歳]、3Fl+Pf)
I.Andante  4/4 II.Vivace 3/4 III.Largo 6/8 IV.Allegro 4/4

ドイツ後期バロックのスター、テレマンの代表作の一つです。3本のフルートのアンサンブルと言えば、まずこの四重奏がリストアップされるでしょう。オリジナルの編成だけでは無く本日のように3本のフルートでも、フルート、ヴァイオリン、オーボエでも、1つをファゴットでも素敵な金字塔的室内楽曲です。


アンコールは、ルロイ・アンダーソン:笛吹きの休日(トランペット吹きの休日)でした。


次回公演は、2017年3月24日(、7:00p.m.開演)公演「ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ」です。たった2本のフルートで30分を超える大作2曲に挑みます。どうぞお越し下さいますよう心よりお待ち申し上げます。



<本日のTea Timeなどなど>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

終演後、来て下さったお客さんと。

ソロイスツVol.213

こちらでは記念撮影も。
奏者と聴衆一体で楽しむコンサートです。


フルート・コミュニケーション Vol.213

明けましておめでとうございます

ソロイスツVol.213 本年もどうぞ宜しくお願い致します。

今年はホールの予約が思うに任せず、本日の公演を入れて5公演しか開催できずとても寂しく思っています。ここスペースDoは今や大人気ホールなんですね。少ない分別会場で新たな企画が出来ないかと作戦を練っています。いずれ近いうちにお知らせできると思いますが、今年も恐れずに新たなチャレンジを行っていきたいと思っています。

さて、昨年末は間際までばたばたしてしまい、例年通り大掃除も中途半端、レッスン室の楽譜を整理したのはソロイスツの練習初日である5日の早朝5時でした。今年もドタバタが続きそうです。嫌だなあ(笑)。

それでも、ちょっとだけですがお節を作りました。作ったと言っても酢蛸、数の子、海老の3品だけです。後はお刺身や黒豆などを買ってきて津軽塗りの盆に飾るだけ。海老は上手く出来ましたし、数の子の塩抜きと味付けも旨旨に出来ました。こちらは掃除と違って元旦からシアワセ気分、今年も旨旨追求は怠らないのは間違いなさそうです。美味しいものを食べていればシアワセですから、良しとしましょう!
(ま)


<本日の打ち上げ>−−−−−−−−−−−−−−−

ソロイスツVol.213

分かりやすいプログラムでしたが、大変だった!もう、これを待っていたのよ、ビールビールビール!乾杯!!



 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.214
<ヴィルトゥオーゾな響き〜楽聖・ベートーヴェンとフルートのベートーヴェン・クーラウ>


◆公演日:2017.3月24日(金)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツは2本のフルートで、つまり、たった2つの音で1曲30分を超える大作に挑みます。その表現力や音の広がりに注目下さい!

●ベートーヴェン:2本のフルートの為のソナタ ハ長調 Op.2-3(2Fl、原曲:ピアノソナタ) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●クーラウ:2本のフルートの為の協奏的大二重奏曲 イ長調 Op.87-1(2Fl)


Do213-215

↑ クリック下さい ↑


JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[クライス・フルート・ソロイスツ] 明日公演、Vol.213「ザ・トリオIII」へ向けてどうやって練習しているかというと〜その3
「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
 <ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
    (未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl Pf) 
●ケクラン:ディヴェルティスマン Op.90(2Fl AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl Pf)

Probe213:3日目

いよいよ明日に迫ったソロイスツVol.213の公演です。今回の練習日程はいつもと違い短期集中、やはり練習はするだけの違いが出てきますね。音楽的には出来上がっていて、細かいアンサンブルや表情の確認、特にフレージングの確認は徹底して行います。ビシッとアンサンブルが決まると音楽もより一層輝いてきますね。

練習お疲れ様でした。
ということで、、、

<本日の賄い>

Probe213:3日目

昨日作っておいた玉こんにゃくを。
ほかほかご飯と一緒に旨旨です\(^O^)/

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.213
<ザ・トリオIII>


◆公演日:2017.1月9日(月・祝)2:30p.m. 開演(2:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子 Pf.近藤 盟子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像

次回ソロイスツはお馴染み平野景子さんをお迎えしてトリオの特集です。ピアノ伴奏(通奏低音)付きで2曲のバロックを、そしてピアノ無しのフルート三重奏で新しい響きをお届け致します。

●ボワモルティエ:3本のフルートと通奏低音の為のソナタ ト短調 Op.34-1(3Fl Pf) 
●ケクラン:ディヴェルティスマン Op.90(2Fl AFl) 

−−−Tea Time(ワイン、ジュースのサービスがあります)−−−

●カーク=エラート:フルート三重奏 ニ短調(2Fl AFl、原曲:木管三重奏曲(Ob.Cl.Eh.)ニ短調 Op.49) 
●テレマン:ターフェルムジーク第2集より、四重奏曲 ニ短調 TWV43:d1(3Fl Pf)

Do213-215

↑ クリック下さい ↑



・・・・・・・・・・


 
 
【LIVEのお知らせ♪(1/17)】


フルートとピアノで愉しむ クラシックとブラジル音楽の夕べ

【日 時】2017年1月17日(火) 19:30開演(18:30開店)
【会 場】吉祥寺:Strings (武蔵野市吉祥寺本町2-12-13-B1F)
【料 金】¥3,000(+ご飲食代)
【出 演】
・1st set (クラシック):上坂 学(Fl.)、近藤 盟子(Pf.)
・2nd set (ブラジル音楽):今井 亮太郎(Pf.)、 川満 直哉(Fl.)
※入替制ではありません。どちらもお楽しみいただけます。


<以下Facebookのイベントページより転載>

クラシックのフルート奏者でありながらポピュラー音楽にもオープンマインドで接してくださる大先輩の上坂学さんとのコラボ企画。前半は上坂さんと近藤盟子さんによる華麗なクラシックを、後半はグルーヴ感溢れる演奏で大人気のブラジル音楽専業ピアニスト・今井亮太郎さんと僕でボサノヴァやサンバやオリジナルを演奏します。

フルーティストは相互にクロスオーバー出演予定。川満が目を白黒させながらクラシックの譜面を追う姿を東京で見られる機会は滅多にありませんよ!!(>_<) 逆に上坂さんには僕からささやかな宿題(!?)をお出ししておきますので、巨匠がブラジル音楽の世界にどう斬り込むのか、そちらもどうぞお楽しみに♪^^

Strings Live

↑ クリック下さい ↑



JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| ★☆ソロイスツ・サロンコンサート☆★ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/39PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
コメントありがとうございます
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    てんし (05/22)
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    あらぱん (05/22)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    てんし (04/19)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    ブルーボリジ (04/14)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    てんし (04/12)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    T&E (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    てんし (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    ブルーボリジ (04/12)
  • カー・ディーラー、その2
    てんし (02/08)
  • カー・ディーラー、その2
    T.E (02/08)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
                profilephoto
OTHERS