CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< [地域ねこ] 明日は酒田なので、、、 | main | [イベント] フルートを楽しもう! in 酒田(山形) Vol.1・・・その2 >>
[イベント] フルートを楽しもう! in 酒田(山形) Vol.1・・・その1
*全て 40D + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS


2008年6月28日土曜日、08:20着のANA始発便で山形は庄内空港に降り立ちました。預けた手荷物が出てくるのを待っている間、ガラス越しに黄色いプラカードが人並みの間から見え隠れしています。なんと!美女がプラカードを持って待っていたのです。

「みんなに見られて注目度バツグン、ちょっと恥ずかしかった」との言葉通り、「Love」書かれたプラカードはインパクト十分!嬉しいお出迎えに感謝です。嫌でも気分が盛り上がりますね。イベント成功の予感です。

しかし、これを見た知らない人は、「上坂 学」って誰だと思ったのでしょうか、聞いてみたいですね(笑)。



空港を出て朝食を食べ、笛吹童子に挨拶し(共に後日公開)、会場の「ジョンダーノホール」に入りさっそくGPです。

コンサートでC.P.E.バッハの伴奏はこのチェンバロを使い演奏するのが楽しみの一つです。チェンバロの伴奏は、プロでもそうしょっちゅう叶うものではありませんからね。繊細で上品な音がする楽器です。

蓋に書かれた「ACTA VIRVM PROBANT」とは、ラテン語で「行いは 人を 現す」という意味だそうです。背筋が伸びる思いですね。

余談ですが、蓋に書かれている「VIRVM」は、現代語では「VIR"U"M」と表記されます。昔は「V」と「U」の区別がなかったんですね。「W」は"ダブリュー"、つまり、ダブル・ユー(2つのU)というわけです。アパレルのブランド、ブルガリも、「B"V"LGARI」と表記されていますね。



チェンバロを演奏するのは、会場の「くろき脳神経クリニック」の院長夫人・カノンさん。自分で調律するのはチェンバロの基本なんです。調律とは(ピアノも同じですが)極めて音楽的な作業で、チューナーに会わせればいいと言うものではない。各音の音程を微妙にコントロールすることで和音を鳴らしたときの響き・美しさが俄然変わります。ですから、演奏する調によって調律も変わってくるわけで、チェンバロ奏者とは、音に対する鋭い感性とセンスが求められる極めて総合的技術が高度な奏者なのです。



チェンバロとの合わせの後は、ピアノとのドップラーのゲネプロです。伴奏して下さる白澤さんは、大音響のドップラーを蓋全開でバランス良く演奏して下さいました。

ピアノはヤマハのG7で、このホールのキャパにしてはややオーバースペックと感じる方もいますが、長い弦がかもし出す響きは豊かで素晴らしいです。少しくらい大きくても、響きが豊かな方が私は好きです。



もうすぐ開場時間です。
このイベントの特典の一つ、無料調整会がはじまりました。予約した20本近くの楽器を、その楽器を吹く人と対面でコミュニケーションを取りながら丁寧に調整していきます。調整をするのはムラマツの技術者・伊藤君です。伊藤君は大学の後輩で、世界のトッププレーヤーの楽器をも担当するムラマツの修理室長。会場前の午後3時から始めて、全部の楽器の調整が終わったのは夜の8時近く。フルートの調整も鍵盤楽器の調律と同じで音楽的なセンスが求められる高度な作業です。調整如何で鳴りが劇的に変わってしまう。当日調整して貰えた楽器は幸せですよ、お世辞抜きで。もちろん、私の総14Kも伊藤君に見て貰っています。



開場時間となりました。
明るく素直で向上心が高かった地元高校の吹奏楽部フルートパートの4人です。「世界へ向けて発信するヨ」と約束しましたので掲載です。見てる?(笑)。



いよいよ開演です。キャパ60席の椅子もほぼ埋まりました。
プログラムを改めてお知らせします。

■プロムナードコンサート■

  ●C.P.E.バッハ:ソナタ ニ長調 Wq.83(Fl+Cemb)
  ●クーラウ:2本のフルートのための華麗な二重奏曲 ニ長調 Op.102(2Fl)
  ●ボザ:イマージュ(Fl Solo)
  ●ドップラー:ハンガリー田園幻想曲(Fl+Pf)

Fl:上坂 学、黒木 亮
Cemb:黒木 香乃
Pf:白澤美知子

詳細はこちらから


C.P.E.バッハ:ソナタ ニ長調 Wq.83(Fl+Cemb)


クーラウ:2本のフルートのための華麗な二重奏曲 ニ長調 Op.102(2Fl)


ドップラー:ハンガリー田園幻想曲(Fl+Pf)

どの曲の演奏に対してもとても熱心な拍手を頂きました。とても良かった、感動した、とのご感想も頂き至福な気持ちです。

画像にはありませんが、ボザの無伴奏ソロも、「楽しかったです。こういう曲や催しをたくさんしてほしいです」との感想を頂き、嬉しさと少々の驚きで感動しました。フルートの生演奏すらそうは多く開催されない地で、それも東京でも演奏会ではあまり演奏されないボザの無伴奏ソロが支持を得たわけですから。やはり演奏家というのは、有名な曲ばかりではなく、無名でも優れた作品はどんどん啓蒙していくべきだと改めて思いました。



さて、休憩を兼ねて試奏会です。総銀のDSとSR、総銀にプラチナメッキのPTP、管体14K+9Kメカ、管体18K+銀メカ、と主要人気モデルが揃いました。



ご来場いただいたお客様の2/3近くはコンサート目的だったようで、東京・大阪では楽器の奪い合いの様相を呈しますが、ここでは余裕の試奏が出来てかえって良かったでしょう。日程的にタイミングがやや悪かったようで、来たくても来られなかった笛吹きがたくさんいたのはとても残念でした。



「え!?吹いて良いんですか!」。もちろんです、試奏会ですから(笑)。
初めての金の楽器に緊張しまくりだったようです。左の彼女が管体14K+9Kメカ、右の彼女が管体18K+銀メカです。



30分の休憩を兼ねた試奏会の後はフルートQ&A。
どなたも私の一挙一動、言葉に目と耳を傾け熱心に受講されていました。遠慮深い方ばかりだったのか、事前に質問がほとんどありませんでしたが、進むにつれ趣旨が分かってきたのか悩みや相談が相次いで出てきました。参加者がやや少なかったのを幸いに、得意としている「驚くくらい楽に音が出せて、おまけに音程も良くなる当て方とアンブシュア」を全員に指導。「今までの練習は何だったのか」という感想も飛び出し好評を博しました。来た甲斐がありましたね、本当に。



やり残すことなく好評の内に終演しました。
控え室でぐったりしていると(この時点で朝起きてから18時間経っています)、先程の高校生4人が「サイン下さい」。コンサートもQ&Aも好評、おまけにスター気分にさせてくれた酒田場所、次回はいつ開催ですか、院長!(笑)。



もう一つ嬉しかったのは、クライス山形しぶしぶ(支部の支部)から美しいアレンジメントが届いたことです。綺麗な花は心を和ませてくれますねー。



本日のシメ、打ち上げ!
院長夫妻、ピアニストの白澤さん、ムラマツの伊藤君、クライス山形支部長、翌日のプライベートレッスンに参加の2人、誰も教えてくれなかったのでアマチュアだと思ってQ&Aで姿勢から指導してしまった実は武蔵野音大フルート科卒業のプロ、内輪での打ち上げだと思っていたらとても賑わいました。後半はほとんどもうろうとしていましたけれど。とにかく大成功バンザイ!

黒木さんの詳細リポートはこちら。是非ご覧下さい。

続く

←参加しています。1日1回のClick応援よろしくお願いいたします。
| フルート | 00:01 | comments(2) | trackbacks(0) |
コメント
キタ〜!!!
| balaine | 2008/07/01 11:35 AM |
balaine さん、

まだまだ行きますよーー!!
| てんし | 2008/07/02 3:34 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://angel-diary.flutekreis.com/trackback/948863
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
コメントありがとうございます
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    てんし (05/22)
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    あらぱん (05/22)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    てんし (04/19)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    ブルーボリジ (04/14)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    てんし (04/12)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    T&E (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    てんし (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    ブルーボリジ (04/12)
  • カー・ディーラー、その2
    てんし (02/08)
  • カー・ディーラー、その2
    T.E (02/08)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
                profilephoto
OTHERS