CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< [イベント酒田場所2017] フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.10:その2〜Q&A編 | main | [イベント酒田場所2017] フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.10:その4〜グルメ編 >>
[イベント酒田場所2017] フルートを楽しもう! in 酒田 Vol.10:その3〜プライベートレッスン編
◆くろき脳神経クリニック サロン・コンサートVol.58
 フルートクライス・上坂 学
「フルートを楽しもう! in 酒田Vol.10」


◆公演日:2017.9月9日(土) 16:00 開演(コンサート)、18:00開演(Q&A)
プライベートレッスン 翌日9月10日(日)開催
◆出 演:Fl.上坂 学 Pf.近藤 盟子 Fl.黒木 亮 Cemb.黒木 香乃
◆会 場:くろき脳神経クリニック・リハビリ室「ジョンダーノホール」
◆詳 細:こちらからご覧下さい

→その1:コンサート編
→その2:Q&A編
   →その3:プライベートレッスン編
→その4:酒田グルメ編
→その5:観光編(千代丸出演!)

<これまでの公演>
2008年:第1回2009年:第2回2010年:第3回2011年:第4回
2012年:第5回2013年:第6回2014年:第7回2015年:第8回
2016年:第9回2017年:第10回
(上記リンクより順次ご覧下さい)

「フルートを楽しもう!」イベントの翌日に行われるプライベートレッスン。より深く広く悩みや疑問を質問頂け、その場で確実に解決していきます。


<プライベートレッスンVol.10>

酒田10:プライベートレッスン

昨日のQ&Aでは補えない、より深いアドバイスを望む方のためにイベント翌日にプライベートレッスンを行っています。より具体的にその人に合ったアドバイスを差し上げることが出来ます。

まずは当主黒木さんのレッスンから。
お題はプロコフィエフの3、4楽章。年末の大発表会Vol.27に参加予定です(昨年Vol.26の様子)。このソナタの3楽章には最低音域の難しいパッセージが用意されていて(;´Д`)右手小指の運指が難関なんですね。それらを克服するには、音そのものに(直接的な運指)注目するのでは無く、小指の動き自体に注目しなければなりません。右手小指に依存しない持ち方と姿勢が前提で、手首を絶対に動かさず小指だけを動かす運指を心がけます。音と言うよりも動きそのものに注目する練習の仕方です。教材はタファネル=ゴーベールのEJ.7などをオクターズ下げて練習するのが分かりやすいでしょう。

今回はプロコフィエフを、と言うことでの直接的なアドバイスでしたが、右手小指を自由に動かせる=脱力している=口や顔が力まない=良い音が得られる、という音作りに最適な練習方法でもあります。もの凄く重たい物を持ち上げる時、歯を食いしばって顔にも力が入るでしょう?!つまり、人間は呼吸以外の全ての動作を全身の筋肉を使って行う生き物なのです。ですから持ち方や姿勢が悪く手や腕が力んでいる人は口も必ず力んでしまうので、姿勢や持方、小指のエクササイズはとても重要なのです。逆に口に力を入れて吹く奏法の人も手や指に必ず力が入ってしまいます。手や指と口は一心同体なんですね。

酒田10:プライベートレッスン

こちらイベント常連のYoshikawaさん。譜面が正しく読めないとの悩みをお持ちです。拍子を数えると運指がおろそかになり、運指に気を取られると拍子を数えられなくなる、、、うんうん、と頷いている人たくさんいそうですね!このような方は吹きながらその音が何拍目なのかを意識していない(意識すると言うことを知らない)のですね。

そのための練習方法は、まずは拍の頭の音だけを絶対に間違わないように心がけて演奏します。例えば4拍子で四分音符や八分音符が混在した譜面(一般的に「普通」ですよね?)を吹く時に、拍の頭、つまり、1拍目丁度、2拍目丁度、3拍目丁度、4拍目丁度、のそれぞれの音だけは間違わないように注意して吹いてみるのです。他の音は間違っても吹けなくても構いません、拍の頭の音だけを死守するようにします。数えは感覚的な物なので、慣れてしまえば歩くこと同様それが当たり前になりますので、意識下で注意出来る様になるのです。実際今回もその方法で練習してみたら、昨日の合奏曲のレスピーギが吹けるようになりました。まさに意識する事の重要性を実感して頂いた瞬間です。

酒田10:プライベートレッスン

最後にMakiせんせい、基礎をというリクエストでレッスンさせて頂きました。音楽はまずは「音」が一番大切ですね。そのための膨大なテキストが出版されていますが、フルートの音を出すことの基礎的な考え方、を間違えると練習も徒労に終わってしまいます。つまり、フルートの発音はタンギング無しが基本であること、タンギングはオマケでありごまかしのテクニックであること、を忘れず意識しなければなりません。タンギング無しで反応良く溌剌と発音できなくてはならず、その時に出せた最大音量がその奏者の最大音量であると意識する事が重要です。それ以上の大音響を出そうとするから音がつぶれたり汚くなるのですね。低音を考えれば分かりやすいでしょう。音量同様で、タンギング無しで綺麗に演奏できる範囲の音色(倍音の多寡)で演奏すべきなのです。それ以上の言わばエマージェンシー的な特別なケースに対してタンギングという最終ごまかし秘密兵器を使う訳です。

そのための練習方法として、タファネル=ゴーベルのEJ.4を使います。3拍目の頭の音までスラーで、3拍目の2つめの音からダブルタンギングで演奏します。ダブルタンギングは早く演奏する事が本来の目的ですが、ここでは比較的ゆっくりのテンポからTでもKでも綺麗に発音出来る様に訓練するために使います。タンギングは「TaTaKaTaKaTaKa」となるはずで(タンギングはTaとKaと発音することを推奨しています。なぜならどんな骨格の人でも同じように発音できる唯一の言葉だからです)、スラーとタンギングの奏法が完全にイコールにならなくてはいけない、という練習方法です。タンギングに苦しむ人の殆どはスラー(ロングトーン)とタンギングをしている時と息の吐き方や口の形が大聞く違っているケースが殆どで、それはおかしな話しですよね?そんなアーティキュレイーションでも行きの吐き方や口の形が同じで無くてはなりません。そのための「TaTaKa、、、」というタンギングな訳です。

ああ、文字で説明するって難しい!でも実際のレッスンではその真意を理解下さいました。嬉しい\(^o^)/

(グルメ編へ続く)








 
〜〜〜 お知らせ 〜〜〜



 

「クライス・フルート・ソロイスツ」サロンコンサートVol.217

 <ザ・トリオIV〜Sterling tones>

◆公演日:2017.9月16日(土)7:00p.m. 開演(6:30p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学大前 翔子平野 景子
◆会 場:スペース・Do(東京都新宿区、JR新大久保駅・JR大久保駅近く)
◆お話し:大竹 亮
◆入場料:一般(大学生以上)¥2,500− 学生(高校生以下)¥1,500−
(未就学児の入場はご遠慮下さい)
フライヤー(チラシ)拡大画像
◆スマホはQRコードから(Vol.217専用)

Vol.217−QR
◆プログラム
・ドレスラー(Dressler):フルートトリオ ニ長調 Op.64(3Fl) 
・ディーター(Dietter):3本のフルートのための12のコンチェルタント Op.26より(3Fl) 
 
〜 Tea Time 〜
 
・堀 悦子:3本のフルートのための二章(3Fl[2nd.はPicc持ち替え、3rd.はAFl持ち替え]) 
・ベートーヴェン:トリオ ニ長調 Op.87(2Fl+AFl、原曲:2Ob+EHr)

Do216Flyer
↑ クリック下さい ↑



 
====================



 

◆FlとPfによる、秋の夜長のコンサート in 弘前Vol.2
・・・ロマンティックな夜だから・・・


◆公演日:2017.9月30日(土)6:30p.m. 開演(6:00p.m.開場)


◆出 演:Fl.上坂 学、Pf.近藤 盟子 特別ゲスト:Fl.竹澤 聡子
◆日 時:2017.9月30日(土) 6:30p.m.開演(6:00p.m.開場)
◆会 場:石のむろじ
〒036-8087 青森県弘前市早稲田3-9-1 0172-29-3566
(城東ヤマダ電器からツタヤ弘前店方面約へ約100m)
◆入場料:一般 2,000円、高校生以下 1,000円
(70席限定、未就学児の入場はご遠慮下さい)
◆お問い合わせ:Mail / 090-8805-4713(近藤)
フライヤー(チラシ)拡大画像

◆プログラム:
・ペッテション=ベリエル:フレースエーの教会にて(Fl+Pf)
・シューマン:3つのロマンスより(Fl+Pf)
・フォーレ:コンクール用小品(Fl+Pf)
・笹森 建英:フルートとピアノのための1月より、第1楽章(Fl+Pf)

〜〜〜Tea Time〜〜〜

<リクエストより>
・懐かしの映画音楽より(Fl+Pf)
・シューベルト:即興曲 Op.90-3(Pf solo)
・セヴラック:「休暇の日々から」第1集より、ロマンティックなワルツ(Pf solo)

<ゲストをお迎えして>
・ユーグ:ヴェルディ「仮面舞踏会」による協奏的大幻想曲 Op.5(2Fl+Pf)

・ピアソラ:「タンゴの歴史」より、Cafe1930

昨年に続くクライス青森公演です。フルートとピアノの名曲を素敵な響きの会場でお楽しみ下さい。


弘前2フライヤー
↑ クリック下さい ↑
 
JUGEMテーマ:音楽
| クライスのこと(レッスンetc...) | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://angel-diary.flutekreis.com/trackback/1339158
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
コメントありがとうございます
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    てんし (05/22)
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    あらぱん (05/22)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    てんし (04/19)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    ブルーボリジ (04/14)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    てんし (04/12)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    T&E (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    てんし (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    ブルーボリジ (04/12)
  • カー・ディーラー、その2
    てんし (02/08)
  • カー・ディーラー、その2
    T.E (02/08)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
                profilephoto
OTHERS