CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< [2本のフルート] サロンコンサートに向けてどうやって練習しているかというと・その2 | main | [食べる] PCご臨終、からの、ストレス解放料理の時間です〜その1・フェイジョアーダ >>
[サロンコンサート] 新春☆フルートミニコンサート
<新春☆フルートミニコンサート>
■日  時:2016年2月27日(土)14時開場 14時半開演
■場  所:東京都西東京市ひばりヶ丘
■料  金:3,000円(お茶菓子付き)
■出  演:上坂 学、大前翔子

ボサノバなどブラジル音楽ファンの節ちゃんのお誘いで実現したサロンコンサートです。節ちゃんとは、昨年4月懇意にして下さっているブラジル系フルート奏者の川満さんと弾き語り天女Karenさんお誘いに、無謀にも飛び入り出演してしまったライブで知り合ったたのでした。会場は個人のお宅、太い立派な梁のある素敵な日本家屋が会場です。


<本日のアプローチ>

フルートサロンコンサート

初めて、いや、記憶もあやふやなほど昔に降り立ったかも知れない西武池袋線のひばりヶ丘駅です。事実上初めてと何ら変わらないひばりヶ丘、新鮮です。初めての土地っていいなあ。天気も素晴らしくいい演奏会になる予感満載です(根拠無し)。


<本日のゲネプロ>

フルートサロンコンサート

会場のお宅に着きさっそくゲネプロを始めます。「会場は古い日本家屋」と聞いていましたので漠然と畳の部屋で演奏するのかと思っていたのですが、確かに太く立派な梁のある古い日本家屋ではあるのですがリビングはリフォームされ、床暖房付きのフローリングは適度な残響を作り出し望外の快適さです。床暖房なのでポカポカ寒くないのもイイ!

フルートサロンコンサート

気持ちよくゲネプロを行うことができました。さあ、タイとチーフをして本番です。


<本日の第一部>

フルートサロンコンサート

開演です。主催者の節ちゃんの短い挨拶の後進行は私たちにバトンタッチされました。昭和なギャグ炸裂で会場を沸かせた私は、「綾小路きみまろみたい」(←どんな感じか」お分かりでしょう)とか「さだまさしに似ていてる」(似ているのは少なくとも体型じゃないな)と好評を博しました。「とにかくお話が面白い、凄い」と多くの方にお褒めのお言葉を頂いたのは嬉しいのですが、あの、私、フルート奏者です、フルートも吹きましたけど、そちらの方は、、、、、( ̄。 ̄;)

フルートサロンコンサート

満員のお客様の前で演奏が始まりました。今回のプログラムは、日頃クラシックにあまり接していない方、フルートをよく知らない方にも楽しんでいただけるように、以下のようなプログラムを組みました。

<第1部>
・ヨハン・シュトラウス:トリッチ・トラッチポルカ
・エルガー:愛の挨拶
・ドヴォルザーク:ユモレスク
・「白雪姫」より ハイ・ホー
・「アラジン」より ホール・ニュー・ワールド
・いずみたく:見上げてご覧夜の星を
・モーツァルト:二重奏曲 ハ長調 KV.454より、第3楽章

<第2部>
・ルムスキー・コルサコフ:熊ん蜂の飛行
・ドビュッシー:シュランクス(ソロ、大前)
・オネゲル:雌山羊の踊り(ソロ、上坂)
・「となりのトトロ」より となりのトトロ
・「天空の城ラピュタ」より 君をのせて
・踊り明かそう(マイフェアレディより)
・レハール:メリーウィドウのワルツ
・フリーデマン・バッハ:二重奏曲 変ホ長調より、第1楽章

この中で純粋にフルートのオリジナル曲は、第二部のドビュッシー、オネゲル、フリーデマン・バッハの3曲です。ただ、エルガーの愛の挨拶やドヴォルザークのユモレスクなどはフルートの曲と言って良いほどフルートでよく演奏される名曲です。

フルートサロンコンサート

共演の翔子ちゃんは普通のフルート以外に、ピッコロとアルトフルートまで持ち替えて大活躍です。

フルートサロンコンサート

お客様は熱心に興味を持って聞いて下さるのが凄くわかって演奏しやすく、気持ちもどんどん盛り上がりました。お話へのレスポンスも良く素晴らしい!

フルートサロンコンサート

フルートとピアノ伴奏からのアレンジしての演奏では、アルトフルートが大活躍です。

ここで休憩、お茶とパンなどの軽食がサービスされました。どれも手作りで美味しいのですよ!こんな演奏会、来た皆さんはラッキーですね。


<本日の第二部>

フルートサロンコンサート

後半も絶好調なお話で始まりました。お茶をしながらの休憩を挟んだ後半は、前半よりも和みリラックスムードです。ですが、我々奏者は今日一番の緊張の場面が待っているのです。2人それぞれに無伴奏の名曲を演奏するからなんですねーーー。

フルートサロンコンサート

翔子ちゃんはドビュッシーのシュランクス、

フルートサロンコンサート

そして、私はオネゲルの雌山羊の踊りです。二重奏よりは緊張しましたけど、それは心地よいもので最高な気分です。少しでもフルート本来の魅力が伝わったでしょうか。

プログラム最後は大バッハ・セバスチャンの長男、フリーデマンの二重奏です。才能溢れ時代を先取ったような二重奏は雄大で高度な技術を要求される名曲です。無伴奏のフルート二重奏としては、テレマンの二重奏と双璧を成す重要な作品です。

フリーデマンを吹き終わり盛大な拍手にお応えしてアンコール、もう春ですね、と、ヨハン・シュトラウスの春の声(原曲:管弦楽)を演奏しました。再びたくさんの拍手を頂いて終演です。

終演と言えば、、、


<本日の打ち上げ\(^O^)/>

フルートサロンコンサート

打ち上げ!\(^O^)/

フルートサロンコンサート

採れ立ての新鮮な野菜は、何もつけなくても甘くて美味しい贅沢さですし、

フルートサロンコンサート

手作りのお料理はどれも最高に旨旨で幸せなひとときでした。飲み物もビール以外に、日本酒、焼酎、ワインと取りそろえられていて豪勢、すっかりいい気分です。

フルートサロンコンサート

は〜い、翔子ちゃんのお約束、旨旨(なお顔)画像です。14時に開場して、あっと言う間に21時過ぎ、楽しい時間でした。皆さんありがとうございます。また楽しい企画を考えましょう。そのときを楽しみにしています。

本当にありがとうございました。

JUGEMテーマ:音楽
JUGEMテーマ:グルメ
| フルート | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://angel-diary.flutekreis.com/trackback/1338625
トラックバック
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
コメントありがとうございます
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    てんし (05/22)
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    あらぱん (05/22)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    てんし (04/19)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    ブルーボリジ (04/14)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    てんし (04/12)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    T&E (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    てんし (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    ブルーボリジ (04/12)
  • カー・ディーラー、その2
    てんし (02/08)
  • カー・ディーラー、その2
    T.E (02/08)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
                profilephoto
OTHERS