CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
[青森・十和田2014] 秋の空:その3
<本日の秋の風情>

*以下7枚 CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田:3日目

今日もとっても良い天気。十和田の3日間は天候に恵まれました。
葉も色付き始め、秋本格化です。


<本日のフレンドリー>

十和田:3日目

今日も学園祭。
「ふれあいどうぶつえん」なる小さい小さいサークルに羊が3匹。誰でもふれあうことが出来るのです。こういうのって大抵は子供がたくさんいて、我々大人はしたくても恥ずかしいから遠慮してしまうんですね。ところが!今日は大人だけしかいない、ではでは、と初体験。ちょこちょこと俊敏に走り回る羊を飼育係の女性が捕まえ力ずくで毛を引っ張り羊を裏返しに、、、上記のように座らせます。すると羊は大人しくなるのですね、そこで、はい、どうぞ、となるわけです。私は焦ってしまい、前足の下から抱えるはずが首を抱えてナデナデ。あの、首を絞めているワケじゃありませんから。

十和田:3日目

ありませんから!!
(気のせいか羊の表情がうつろ。。。)


<本日のCome Fly With Me !>

十和田:3日目

三沢空港、東京へ戻ります。今年も十和田を満喫、楽しかったあ。

十和田:3日目

ビールで始まった今回の旅のシメはやはりビールでしょ、っていうことで乾杯〜。
空港へ着いた時はまだ明るかったのに、ビールを飲んでいるうちに日は沈み真っ暗。

十和田:3日目

つまみはタコの唐揚げで(旨)。

十和田:3日目

搭乗する飛行機が到着したので屋上の送迎デッキへ(デッキは今時珍しい有料100円!)。1日に12便の離発着。のどかな地方空港です。時間ぎりぎりにならないとチェックインできません。

*以下2枚スマホ
十和田:3日目

チェックイン、そして搭乗。ちょっと余裕のシート、座ってすぐに爆睡だあ!

十和田:3日目

気がつけば羽田です。
十和田、また来年〜。

(青森・十和田2014:終わり)

JUGEMテーマ:旅行
| | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[青森・十和田2014] 秋の空:その2
<本日の秋の空>

*以下12枚とも全て CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田:2日目

秋ですね〜、空が高い!良い天気なのですが寒いのです。ここ十和田は風が強くて有名、暖かい東京になれた身にはレギンスにマフラー必須です。冗談抜きでダウン着てもイイかも、と感じるほどなのです。気温15度に冷たい強い風、日陰に入ると体感温度は10度以下です。最低気温は5度を切りますから、本当に真冬の東京と同じ気温なワケでなのでーす。

十和田:2日目

足下は色付いた枯れ葉が綺麗。


<本日のにんじんあげよう>

十和田:2日目

十和田市のとある大学の学園祭に寄ってみました。人懐っこいお馬さんが寄ってきます。にんじんをぼりぼりとイイ音たてて食べてます。

十和田:2日目

おいらにもくれよ〜、と、隣から。。。

<本日の学食>

十和田:2日目

キャンパスをうろうろ。と、学食めっけ〜。そそられるメニューがっ!
(何故か我慢。。。)


<本日のゲイジュツの秋>

十和田:2日目

こちら、ちょっと有名な十和田市現代美術館であります。

十和田:2日目

狭い通路から展示室に入ると、いきなり身長4メートルの巨大な女性像が出迎えてくれてビックリします。ははあ、これが有名なやつか、、、どの展示も工夫が凝らされていて意表を突かれる作品ばかりです。特に気に入ったのは「メモリー・イン・ザ・ミラー」。真っ暗な部屋に入ると自動的に映像(動画)の上映が始まります。鏡の中の登場人物はまるで映写機の前に立ったかのような影から出現してきます。面白い!!一押し。

十和田:2日目
奈良美智「夜露死苦ガール2012」

実はそんなに期待していなかったのですが、行って良かったと思える美術館。こぢんまりしていますが大いに楽しめます。近くに行かれることがあれば是非立ち寄って見て下さい。


<本日の晩餐>

十和田:2日目

十和田市は主要漁港のある八戸市から車で1時間ほど西へ(内陸へ)入ったところに位置しますが、さすが青森、魚介類は良い物が手に入ります。その辺のスーパーでも生きたつぶ貝やホッキ貝が売られています。こちら、地元大学生のオススメの回っていない寿司屋(つまり普通のお寿司屋さん)。メニューもオススメの「並」、つまり一番安い(笑)。しかーし、案外豪華、そして旨い!たまご、赤身、はまち、いわし、イカ、サーモン、いくら、大葉にマグロと鯛の入った太巻き(いくらとウニのトッピング)。画像は3人前ですよ。いくらと太巻きが4つあるのはオマケなのですヽ(^。^)丿

十和田:2日目

ぷりぷりで薄塩のいくら。

十和田:2日目

しゃりは田舎風で大きめですが、ネタもでかい。
いや〜、イイお店教わりました。


<本日の何故か泊まりがけ外出先でF1>

十和田:2日目

F1の放映日は土曜の予選と日曜の本線。大阪レッスン酒田場所も土日なので当たり前と言えば当たり前ですけど、毎週出かけているわけでも無いのによくF1の放映日と重なります。今日はしっかり起きていて予選観戦もバッチリでした。

続く
JUGEMテーマ:旅行
| | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[青森・十和田2014] 秋の空:その1
<本日のCome Fly With Me !

*CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田1日目

早朝の羽田空港です。昨年に続き今日はこれから青森の三沢空港まで飛びます。飛行機大好き、空港も大好き。空港って鉄道と違って居る場所がありますからね〜、飛行機に乗らなくても行きたくなります。最近では空港会社も工夫を凝らしていろいろなお店を展開して楽しいのです。

*CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田1日目

ちょっと早めに空港に入り、こんなところ(早朝なのでガラガラ)で、

*スマホ
十和田1日目

のんびり〜なのです。これも空港の楽しみ方の一つ\(^^@)/

*スマホ
十和田1日目

搭乗。三沢はローカルなので就航している機材が小さ目(B737-800)なのがちょっと不満なのであります。19Kに着席〜。

*スマホ
十和田1日目

タキシングーーー。

*スマホ
十和田1日目

Come fly with me, let's fly, let's fly away
Come fly with me, let's float down to MISAWA
Come fly with me, let's take off in the blue !


<本年のノラくん>

*CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田1日目

十和田にゃんこに会いに昨年と同じ場所へ。

*CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田1日目

いましたよ!今年はコイツがお出迎えヽ(^。^)丿

*CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田1日目

本当に人懐っこくて、カメラを構えるとすぐに寄ってきます。
昨年の失敗を繰り返さないようサーボで連写!

*CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田1日目

近所の皆さんでご飯あげているそうです。地域ねこですね。来年はご飯持っていってあげよう。楽しみ〜。


<本日のSun Set>

*CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田1日目

車を走らせていると畑で突如視界が開ける場所多数。ちょうど日没なのであります。

*CANON EOS40D + EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
十和田1日目

光のシャワーが綺麗でした。

続く

JUGEMテーマ:旅行
| | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
北国へ、その2
*以下6枚スマホ
2014.1弘前2

今日はもう東京へ戻ります。午後には品川レッスンです。
仏壇に手を合わせ、豆まきをして昨日のミニ雪だるま君に別れを告げ、近所の親戚に挨拶をして青森空港を目指します。今日は雪がちらついていますが気温はさほど低くなく路面凍結の心配もありません。渋滞もなく40分ほどで空港に到着しました。

2014.1弘前2

山の上にしては比較的暖かい青森空港、お疲れの乾杯ですヽ(^。^)丿

2014.1弘前2

卓上のメーニューに気になる地ビール、やっぱり頼んじゃいました。旨旨ピルスナー。

2014.1弘前2

JAL1204便は定刻通りに離陸。地上は天気が悪くても上空はいつも晴れ。ただ、雲が厚くて景色は真っ白な雲だけで単調。機内は空いていて運良く非常口席に移動することが出来ました。B767やB777の非常口席にはほど遠いのですが、このB737-800の非常口席(23K)でもクラスJに迫る足下の広さでGoodでした。良いこと覚えたー(絵じゃ解りにくいですもん)。

2014.1弘前2

千葉県上空からの山並みが綺麗だったなあ。

2014.1弘前2

羽田へ着いてみれば、青森と温度差18度。暑い!
さあ、コーヒー飲んで気を引き締め品川レッスンへ向かいます。


<本日の節分>

*CANON EOS40D + EF-50mm F1.4 USM + 580EX
2014.1弘前2

夜帰宅し、我が家では豆まきもせず恵方巻だけの節分なのであります。商業ペースに乗せられている恵方巻ですが、いや、大歓迎。だって、具だくさんの豪華な太巻きなんて、普段はそうは売っていませんもの。この時期はどこにでも売っている素晴らしい期間なのです。あはははは。

(北国へ:終わり)

JUGEMテーマ:旅行
| | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
北国へ、その1
*5枚とも全てスマホ
2014.02弘前

羽田発青森空港行きの始発便に乗り、ここ青森空港に降り立ちました。雪国です、寒い!ここからレンタカーで弘前市(ピアニストの実家なのであります)へ向かいます。明日が義父の命日である事、一人で住む義母へのお伺いです。久しぶりの雪道での運転はスリル満点、楽しいぞ!(たまにだから)。ABS効きまくりです。青森空港は山の上に有りますが青森市内まで比較的近く、また、弘前市へも飛ばせば30分、平均的な道路事情で40分で着きます。もちろん全て一般道、信号も少なく流れもスムーズ。国立よりも便利かも?( ̄。 ̄;)

2014.02弘前

この時期の弘前としては暖かい0度。先程ちょっとだけ雨が降りました。実家のエントランスには新雪の他に所々アイスバーン状態になって危ない。久々の雪かきです。重労働ですね。新雪は東京などの湿気を含んだ重い雪とは違いまだ楽なのですが、階段等に氷状態になってしまった雪の撤去が大変でした。ツルハシが欲しいぞ!

一仕事終えると大汗σ(^◇^;)暑い。と言うことで、ビールが旨いのです。冷蔵庫から出してきて、時間が経てば経つほど冷えていく不思議。冷気に晒されながら飲むビール、旨かったあ!!


<本日の旨旨>

2014.02弘前

はーい、お楽しみの旨旨タイム〜\(^^@)/。陸奥湾産の殻付き帆立、北海道産のタラ等々で鍋を。野菜は白菜、春菊、長ネギ、マイタケ、それにお豆腐を。昆布で出汁を取りお醤油、お酒、みりんなどで味付け。なんじゃこりゃあー!的な旨さ。ダシが良く出てるー。

ご飯は、新鮮なタコが売られていたのでたこ飯を。生タコを使った事、生姜は生をすり下ろした事以外は前回と同じレシピです。う〜ん、生タコ、柔らかい。そして凄く美味しいのです。

たらふく頂いて、お腹パンパンです。
が、、、

2014.02弘前

デザートは地元弘前の老舗・大阪屋(地元の人は「おおざかや」と呼ぶ)の羊羹です。大阪屋は寛永7年(1630年)豊臣家の家臣が創業したとのことです。それで「大阪屋」なんですね。当時から津軽藩御用達の和菓子屋さんだったようです。今年で創業384年の大阪屋さん、お菓子の種類も豊富で美味しく、ここ弘前へ来た時の楽しみの一つなんです。

2014.02弘前

そして、明日の豆まき用に、今夜のビールのお供用に買った落花生。これは堂々千葉県産。ヲイ、食べる手が止まらないぞ。煎茶も良く合うーー。

続く

JUGEMテーマ:旅行
| | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
[スポーツ] 箱根駅伝
*以下18枚とも全て CANON EOS40D + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
箱根駅伝

早朝4時20分起床、5時出発。車窓から朝日を拝む。

箱根駅伝

ロマンスカーで降り立ったここは箱根湯本。箱根駅伝ファンのピアニストに引きずられるようにしてやって来ましたΣ(´∀`;)

箱根駅伝

登山鉄道に乗り換え、往路第5区の通称「山上り」、宮ノ下の観戦ポイントに向かいます。

箱根駅伝

宮ノ下駅ホームから電車を見送ります。風情ある山の駅。好転に恵まれ風景も美しい。

箱根駅伝

観戦ポイントはまだ誰もいません。駅伝観戦なんて初めてのこと、余裕をもっと来たので現在まだ09:30です。ランナー通過の予想時間は12:30ですからまだ3時間もあります。日テレの中継所も設営が始まったばかり。それにしても風が強い。ランナーは大変でしょうねえ。とにかく寒くて寒くて、、、時間もありますし、目の前の老舗ホテルに緊急ピットイン!

箱根駅伝

館内は暖房でぽかぽか、生き返りますね。老舗らしい落ち着いたインテリアと雰囲気で癒されます。ということで、、、

箱根駅伝

カフェでお茶。コーヒーとクレーム・ブリュレです(旨)。
2時間以上ゆっくりして、さあ、後1時間、そろそろ場所取りに行きますか。

箱根駅伝

と、出てみたらすごい人!テレビカメラもセッティング完了の模様です。
(3枚上の画像と同じ場所ですよ)

箱根駅伝

行く前から観戦ポイントとして決めていたのは、宮ノ下の直角コーナー、国道1号(東海道)と国道138号(箱根裏街道)との分岐点です。下から上がってくるランナーが目の前を通り過ぎ、登っていく様子がよく見えるベストポジション。地図はこちら。地図上の「理容ソエダ」の前に立っています。右隣に日テレのテレビカメラ。後で録画を見たら、このカメラマンの画像が多用されていました。登ってくるランナーをパンして撮れる絶好のポジション。

箱根駅伝

交通規制が始まりました。ギリギリまで無理に通ろうとする車が多いんですね、オフィシャルは大変です。

箱根駅伝

規制完了。後はランナーを待つのみ。

箱根駅伝

ランナー到来の合図の花火の音からワンテンポ置いて、やってきました、1位のランナーです。

箱根駅伝

この時点で1位の東洋大学。

箱根駅伝

予選から這い上がり、順位を上げて堂々2位の日本体育大学。

箱根駅伝

間を開けずして激走の早稲田大学は第3位。初めての観戦ですけど興奮しますね、やはり生は臨場感が違います。

箱根駅伝

テレビ中継車。まるで装甲車。

箱根駅伝

バイクなんか、もっとアブナイ感じです。銃砲が出てきそうで、なんだか凄い!

箱根駅伝

かけ登っていくランナーたち。
昨年、今やスターの東洋大の柏原くんが区間記録を出したこの5区で、東洋大は日体大に抜かれてしまいました。そして、予選会からの出場での優勝は2校目という日体大が30年ぶりの総合優勝しました。テレビで見ていると、おい、コラ、ちゃんと走れ、などと思ってしまいますが、顔を歪めて必死で走るランナーを見ていると、順位に係わらず応援したくなります。家へ帰って録画を見てもいつもよりも楽しめました。さすがライブの威力ですね。あ、端っこにちょこっと写っていました、私。ははは。

続く

JUGEMテーマ:スポーツ
| | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホテル
*40D + EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
hotel

ホテルは、滞在すること自体が目的となる場合で豪華なホテル、仕事で仕方なく寝床を確保する場合でベッドの上しかいる場所の無いホテル、その2種類があって、もちろん、いついかなる時も自宅よりも遙かに広いホテルに泊まりたい、だか、仕事でコストを考えなくてはならない時は(まあほとんどが悲しいことにこのケースなのだが)ベッドの上で寛ぐことに我慢我慢なのである。

そして、そんなホテルの照明はたいていの場合暗く、シックともいえるのだが、一人寂しくなってしまうのである。机やベッドサイドのスタンドがやけに明るく感じる。贅沢言うなと語りかけてくる。精神に異常をきたしてくる、眠れなくなる、精神が錯乱してくる、むむ、これは某国諜報機関の陰謀かと疑い始め、しばらくして自分がそんなたいしたやつじゃ無いとハタと気が付き、安心して眠りに落ちるのである。

メデタシメデタシ。

JUGEMテーマ:旅行
 ←参加しています。1日1回のClick応援よろしくお願いいたします。
| | 04:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
弘前:その3
*CANON EF20mm F2.8 USM

C-PL

実家では2泊、今日はもう東京へ帰ります。
弘前を出るときは雪が降り、出発前に雪掻き。夜のうちにちょっと降った、といっても20cm程の積雪。これが東京なら上を下への大騒ぎ、大パニックですが、もちろん雪国では何のことはありません。でも、最初に雪をかいたところが数分後には数センチ積もってしまうのには腹が立つ!

高速に乗り、しばらくするとご覧のような良い天気。心配した峠の凍結もこれなら安心です。

*CANON EF20mm F2.8 USM


*CANON EF20mm F2.8 USM


*CANON EF20mm F2.8 USM


青い空に雪景色は似合いますね。

*CANON EF20mm F2.8 USM


牛タン串焼き〜。
高速といえばサービスエリア、食い倒れのドライブ(笑)。

*CANON EF50mm F1.4 USM


こちらは、ずんだ餅〜。

*CANON EF50mm F1.4 USM


と、食べているうちに気が付けば雪は少なくなり、車の数も増えていきます。

*CANON EF50mm F1.4 USM


陽が傾く頃には、馴染みのある雪のない世界へ。
都内に入るときの渋滞(と、食べている時間)がたたって、12時間のドライブでした。疲れたぁ。

(弘前・終わり)

←Click応援よろしくお願いいたします。
| | 00:00 | comments(8) | trackbacks(0) |
弘前:その2
*全て CANON EF20mm F2.8 USM


雪国の朝は雪掻きから。
って、徹夜の運転で疲れ果ててほとんど寝転けていたんですけどね(^^;;;。

愛車はつららの大合唱。



晴れ間が見えたので、弘前城のある弘前公園へ(MAP)。
ここは桜の名所で、毎年5月の連休には観光バスが大挙して訪れる全国的に有名な観光地なんです。夏はねた。眠たい、、、ねぷたいです。青森市はねたですが、弘前市はねたです。

お堀沿いの桜の木には、雪の花が満開です。





公園に入ると雪が。。。



あ゛ーーーーー。



弘前城天守閣。



晴れた日には、ここから岩木川越しに岩木山がでぇ〜んと見えるのです。



一面、雪、雪。
カメラは水没の危機に瀕しました。
衣服はぐちょぐちょ。

続く

←Click応援よろしくお願いいたします。
| | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) |
明けましておめでとうございます(弘前:その1)
*CANON EF20mm F2.8 USM


2008年が始まりました。
皆さん、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

実は急遽ワイフの実家のある弘前へ帰省してきました。
31日に日が変わり、ブログを更新して深夜1時前に出発。
東北自動車道の福島を過ぎた辺りから雪がお目見えしました。

*CANON EF50mm F1.4 USM


盛岡に着く頃には明るくなり、一面の銀世界。雪国の方には申し訳ありませんが、雪を見るとどうしてもはしゃいでしまいます。

路面は凍結し、不慣れな私はゆっくり慎重に走行しましたが、地元ナンバーの2台が追い抜いていき、その先でクラッシュしていました。お気の毒です。

*CANON EF20mm F2.8 USM


*CANON EF20mm F2.8 USM


弘前の家に着き、ゆっくりし、たらふくご馳走を食べ、年が明けたら近くの神社で初詣。この時期としては多めの雪、深々としていて参拝者で活気がある、初詣ってどこでもそんな感じですね。

それにしても寒かった。たった-5℃なんですけどねえ。

続く

←Click応援よろしくお願いいたします。
| | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
| 1/2PAGES | >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
コメントありがとうございます
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    てんし (05/22)
  • [食べる&飲む] 第8回がっきーといく旨旨うどんツアー、からの〜、けやき広場春のビール祭り(プチ同窓会)
    あらぱん (05/22)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    てんし (04/19)
  • [食べる] イナダをメインに、今日も味マルジュウが活躍+おまけのちくわ
    ブルーボリジ (04/14)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    てんし (04/12)
  • [好きな場所] カー・ディーラー
    T&E (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    てんし (04/12)
  • [食べる:味マルジュウ] パクチーのきんぴらとレタスのスープ
    ブルーボリジ (04/12)
  • カー・ディーラー、その2
    てんし (02/08)
  • カー・ディーラー、その2
    T.E (02/08)
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
                profilephoto
OTHERS